広瀬すずと櫻井翔が、4月から放送の日曜ドラマ「ネメシス」(毎週日曜夜10:30-11:25、日本テレビ系)でW主演を務めることが発表された。

二人が連続テレビドラマに出演するのは、広瀬は連続テレビ小説「なつぞら」(2019年、NHK総合ほか)以来、櫻井は嵐の活動休止後初。天才すぎる助手・美神(みかみ)アンナとポンコツ探偵・風真尚希(かざまなおき)の凸凹バディを演じる。

「ネメシス」とは、正義の鉄槌で悪を砕くギリシャ女神。そんな名前が付けられた謎多き探偵事務所に集まりし、天才的ヒラメキを誇るが無鉄砲なアンナ(広瀬すず)と、ポンコツだが人望に厚い風真(櫻井翔)が、互いを(主にアンナが風真を)助け合いながら、難事件に挑んでいく。

これまでの広瀬、櫻井のイメージを根底から覆す、新しい凸凹バディが大活躍。コミカルで笑えるやり取りを見せながらも、そして超難解な謎を解いていく。さらに、アンナと風真をサポートしてくれる強力な助っ人が毎話登場。実力と話題性に富んだキャストの集結で、まるで「オーシャンズ11」のような、ワクワクするチーム戦を繰り広げる。

■“無敵な女性”を演じるのは広瀬すずしかいない

北島直明プロデューサーは、広瀬の起用について「『ちはやふる』にご出演いただいたときから、“無敵”な印象を持っていましたが、その後も、映画にドラマに舞台にと、八面六臂の活躍をされ、どんどん光り輝く女優になられました。『美神アンナ』という“無敵な女性”を演じていただけるのは、広瀬すずさんしかいない、と思い、出演オファーをさせていただきました」とコメント。

「これまでの広瀬すずさんの新しい一面にもご期待ください! 飛んで、走って、唄って、戦って…楽しい“無敵女子”を演じていただいています」と視聴者に呼び掛けた。

また、櫻井については「絶対に一緒に仕事がしたい、と熱望していた方でした。これは、僕の夢でした。『家族ゲーム』『ブラックボード』『神様のカルテ』など、“人間らしさ”を表現できる素晴らしい役者です。『風真尚希』は、とても人間臭くて、人のために頑張れる人です。そして、一生懸命になり過ぎて、空回ってしまう、そんな愛らしい人です。そういう人を演じることができるのは櫻井さんしかいない、と企画を立てた時から思っていました」と起用理由を語る。

「今回、オファーを受けてくださったことは本当にうれしく、そして、現場で見せてくださる芝居は、想像以上でした。“役者・櫻井翔”を楽しんでいただけるドラマになっています」と自信を見せている。

■“一話完結の事件”と“20年前の謎”

超大豪邸で起きた「磯子のドンファン殺人事件」、目撃者がたくさんいるのに“犯人がいない”「女子高怪奇殺人事件」、証拠も目撃者も何もない「天狗殺人事件」など、超難解なトリックが仕掛けられた事件を、アンナと風真はどうやって解決していくのか。そんな二人の目的は、突如失踪したアンナの父を探すこと。一つ一つの事件を解決し、父につながるヒントを見つけ出そうとするたびに、新たな謎が生まれてしまう。そして、全ての謎を解く鍵は、闇に葬られた20年前の“ある事件”にあることを知る。

“一話完結の事件”と“20年前の謎”が複雑に織りなす、全10話の物語。一話一話の事件を解決することで、20年前の謎の断片が明らかになっていき、最終回に向けて衝撃の展開を迎える。事件と謎が複雑かつ巧妙に絡み合う、極上ミステリー・エンターテインメントとなる。

今回、映画「SRサイタマノラッパー」(2009年)や2017年上半期興行収入第1位を獲得した「22年目の告白 ―私が殺人犯です―」などの話題作で知られる映画監督・入江悠の下に、一流の映画スタッフが結集。そして、数々の大ヒット映画を手掛けた映画プロデューサーが、ドラマ「ネメシス」を完全プロデュースするなど、テレビドラマの常識を打ち破った映像美と演出に期待が高まる。

さらに、完全オリジナル脚本で挑む「ネメシス」。本格ミステリーへと昇華させるべく、気鋭の推理小説作家たちがそれぞれ各話のトリックを監修する。

■広瀬すずコメント

脚本を初めて読んだときの感想としては、とにかくテンポ感が面白かったです。笑えるところも多いのに繊細で、ネメシスという家族のようなチームの温かさもあり、ここが居場所になるんだなぁとすぐに思える本でした。

入江組の撮影現場は、ラフな、そして早い、とてもフラットな現場ですが緊張感もあるような。でも面白い楽しいシーンではスタッフさんが笑ってくれるのがとても印象的で、うれしいです。

“美神アンナ”を演じる上で、自分の中に軸はあり、でもそれを感じてるのは私だけでいいかなと思いながら、自由人なアンナを、楽しみながら見てもらえたらうれしいです。意外とまだ18歳(アンナの年齢)という、不意に出る素直な隠しきれない思いも大切にしたいです!

■櫻井翔コメント

まずは、オリジナル作品のミステリーであること、そして映画スタッフが集結するというスケールの大きさに驚きました。

およそ3年ぶりのお芝居の現場。入江監督の下、まるで映画の撮影をしているかの様な空気が流れる中、緊張感がありながらも楽しみながら撮影を進めています。

広瀬さんとは、映画「ラプラスの魔女」、「NHK紅白歌合戦」でご一緒して以来、3度目の共演。

一緒にいる誰をも笑顔にしてしまう魅力の持ち主ですが、お芝居のスイッチが入ると、圧巻の一言です。

入江監督とは、演出していただく合間でのHIPHOP談義に話が尽きません。

個性と個性のぶつかり合い。濃厚なセッションをしているかのような現場。一日も早くご覧いただきたいとの思いを抱きながら、一日一日を丁寧に作り上げています。

たくさんの人に愛される“風真”を作れたら。日曜日の夜、ワクワクして目が冴えてしまうような作品を造れたら。そんな思いで本日も撮影に挑んでいます。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

■入江悠総監督コメント

広瀬さん、櫻井さんとは、互いに目指すものが通じ合う瞬間が撮影現場で多々あり、それぞれのキャラクターが早い段階で見えてきました。凸凹感をブレンドした感じが絶妙なんです!

少し息苦しさを感じる今の世の中に、大事なものを抱えながらも生き生きと躍動するアンナと風真は、視聴者が憧れるようなキャラクターになってくれるのではと思っています。

いつもの映画スタッフたちと映画と変わらない感覚で撮ってはいますが、視聴者の皆さまが次週を楽しみにしてくださるよう、連続ドラマだということを強く意識して撮影しています。そこは映画とは大きく違いますね。

オリジナル脚本なので、映像で見たときに驚きのあるトリックを考えたりと自由度を楽しめた半面、各話完結ものながらも全話を通して各話が複雑に絡み合い、つながっていくという構成構築にとても苦労しました。

最終話に向けて、すごい仕掛けがありますので、ぜひ最後まで見逃さずにご覧ください!

■企画・プロデューサー 北島直明コメント

子供の頃、テレビドラマで描かれる世界に憧れ、ワクワクしながら毎週の放送を楽しみにしていました。「木更津キャッツアイ」「池袋ウエストゲートパーク」「古畑任三郎」「ロングバケーション」「ひとつ屋根の下」「踊る大捜査線」「金田一少年の事件簿」などなど。

今一度、ドラマ放送を待ちわびて、テレビの前に集まっていただけるようなドラマを作りたい! そういう思いで「ネメシス」を立ち上げました。

映画「22年目の告白−私が殺人犯です−」で、驚きのラストを作り上げた映画監督・入江悠氏を総監督に迎え、演出・片桐健滋氏、脚本家・片岡翔氏、5人の一流推理小説家の皆さまと共に、極上のミステリー・エンターテイメント・ドラマを作り上げました。

万華鏡のように毎話、姿を変えていきます。一話一話が上質な謎解きミステリーであり、そして、謎を解けば解くほど、また新しい謎が生まれていく…さらに、最終回までに、気鋭の新人俳優から名優・名女優、総勢75人以上の俳優が出演します。毎週の展開が待ち遠しくなる、そんなドラマになっています。

広瀬すずさん、櫻井翔さんが演じる探偵バディと一緒に、笑って、謎を解いて、楽しい日曜の夜を過ごしていただけたら、と思います。

最後に、ドラマを楽しむキーワードを。「アンナ(広瀬すず)の父親、失踪の謎」「風真(櫻井翔)の過去」「栗田(後日発表)の思惑」「20年前の事件の真相」、そして、“黒幕は誰?”。

■ストーリー

横浜にある薄汚れたビルの一室に掲げられた看板「探偵事務所ネメシス」。ここには、シャーロックホームズのような天才的な頭脳で、いかなる難事件でも必ず解決してしまうスゴ腕の探偵がいる。彼の名前は、風真尚希(櫻井翔)。

しかし、彼には秘密があった。正義感は強く人望に厚いが、実はポンコツなのである…。「探偵事務所ネメシス」の真の探偵は、風真の探偵助手・美神アンナ(広瀬すず)。彼女は類まれな天才的ヒラメキで、風真の影から次々と難事件を解決。天才すぎる助手・アンナとポンコツ探偵・風真の凸凹バディが、世に巣食う悪を痛快に暴いていく。

そんな彼女たちの真の目的は、突如失踪したアンナの父で科学者の美神始を探し出すこと。始の親友で探偵事務所社長の栗田一秋とともに、父親失踪の謎を追うアンナと風真。日々、舞い込む依頼の中に“失踪の謎”の手掛かりを求めていくうち、彼女たちを助けてくれる力強い仲間が増えていく。一癖も二癖もある仲間たちの力を借り、真相に近づいていくアンナら。

すると、“失踪の謎”は、20年前に闇に葬られた“事件”に関係していることが判明する。アンナも知らない、その“事件”には、実は風真も栗田も関わっていた。

父親失踪の謎に、どんな真実が隠されているのか。アンナたちが最後にたどり着く驚きの真相とは!?