3月1日(月)放送の上野樹里主演“月9”ドラマ「監察医 朝顔」(毎週月曜夜9:00-9:54、フジテレビ)第2シリーズの第16話ゲストに、ダチョウ倶楽部・上島竜兵が出演することがわかった。上島は、同ドラマの第1シリーズにも出演しており、今回が2回目の出演になる。

■第1シリーズで上島が演じたのは“マンホール泥棒”

1日(月)放送の第16話で上島が演じるのは、今野という男性。今野は、第1シリーズの第6話(2019年8月19日放送)に登場し、マンホールを盗み窃盗容疑で捕まった泥棒。今野は取り調べに対し完全黙秘を貫き、マンホールを盗んだことをかたくなに認めようとせず、野毛山署の刑事たちもお手上げ状態だった。

しかし当時、野毛山署強行犯係に勤めていた桑原真也(風間俊介)が取り調べを替わり、今野に家族がいることを突き止め、家族のために罪をつぐなうべきだと真摯(しんし)に訴えかける。桑原の言葉に今野は“落ち”、涙ながらにマンホールを盗んだことを認めたのだった。

再出演となる今回、今野はまたも突然、桑原の前に現れる。今野が現れたのは、桑原の訴えむなしく、再びマンホールを盗んで捕まってしまったのか、それとも全く別の理由からなのか。どのシーンに、どのように今野が登場し、桑原とどのような絡みを見せるのか注目が集まる。

■ダチョウ倶楽部・上島竜兵コメント

まさか「監察医 朝顔」にまた呼んでもらえるとは思ってもみなかったので、出演の話を聞いた時は、何かのドッキリかと思いました。「監察医 朝顔」は僕自身、大好きなドラマで、スタッフの皆さんは変わらず明るく、撮影はとても楽しかったです。

風間さんはあいかわらず温かい方でした。また、僕が登場するシーンは平野監督の回ではなかったのですが、朝早くからの撮影にも関わらず現場に駆けつけてくださり、本当にありがたかったです。ちなみにリーダー(肥後克広)は「監察医 朝顔」に出演することをずっと隠していて、一言も教えてくれず、実はニュースで初めて知りました(笑)。リーダーがどんな演技をしているのか、僕も楽しみです。