今まで助けてきたネコは約30匹。ミキ・亜生は、自ら“ホゴの亜生”と名乗り、「捨てネコがいる」と聞けば東奔西走。引取先を探して、見つからなければ自分で飼う。現在飼っているのは、助六、銀次郎、藤、兆猛、丹猛の5匹だ。聞けば聞くほど “猫ファースト”な日々を送る彼が、ペットモデルのラムと共に<ザテレビニャン>特集に登場! その溢れんばかりの猫愛を語ってもらった。

■元々は猫嫌い⁉ 苦手意識から“ホゴの亜生”になるまで

——亜生さんの愛猫5匹(助六、銀次郎、藤、兆猛、丹猛)は、すべて保護猫だと聞きました。日頃のInstagramやインタビューからもネコ愛はとても強そうですが、元々ネコが好きだったんですか?

亜生:実は嫌いやったんです。スンとしてたのに急にガッときたり、何するかわからなくて怖かった。抱き上げたらめっちゃ伸びるのも、怖すぎて。でも大学生の時に、少しだけネコを飼うことになったんです。
当時の僕は観覧車スタッフのバイトをしていたんですが、ふと高台から下を見たら猫が座っていて。降りてみると、その子が足を引きずりながら近寄ってきたんです。「ついて来られたら困るなぁ」と思いながら、観覧車のそばにあるボックスに戻ったんですけど、ついてきて。「どうすんねん」という店長に、「看板ネコとか、どうですかね?」と言ってみたんですが、断られました(笑)。それで大雨の中、腹にネコを入れて、原付で家へ連れて帰ったんです。

金次郎と名付けて3ヵ月飼いましたが、地元の友だちがほしいと言ってくれたので、その子にあげました。彼女は現在、捨てネコの保護団体を作って活動しています。

ネコが大丈夫になったのは、金次郎のおかげなんですよ。ずっと僕のあとをついてくるし、家に帰ると絶対玄関で待ってるし、寝る時は僕の腕枕で寝る、めっちゃかわいい子でした。今も元気で、16歳になったそうです。ちなみに拾った時点で大きかったので、僕は助六を拾うまで子猫の鳴き声を知りませんでした。

■愛が強い! 猫ファーストな日々

——これだけ猫を飼っていると、大変なこともありそうですね。

亜生:子猫を拾うと、病院の検査が終わるまではバスタブで育てるんです。病気があって、他の子に移したらいけないので。その時期の僕の入浴は、水勢を最弱にしたシャワーをめっちゃ隅っこで浴びるだけ。それすら難しそうな日は、お湯で絞ったタオルで体を拭きます。ボロボロです(笑)。

あと、帰ってきたらうんこがあちこちに落ちていて、「これ、うんこで遊んでるやん!」ということがありました(笑)。猫同士で遊ぶから、おもちゃに興味を示さなくて買っていなかったんですね。明らかにうんこで遊んだ形跡を見て、「遊ぶもんがなさすぎたんやな」「自分のうんこでしか遊べなくてごめんな」と反省しました。その後は、ねずみのおもちゃを置いてます。

——それでも、猫の魅力にはあらがえないと。

亜生:自粛期間中は、ネコがいなかったら病んでいたんじゃないかと思うくらい。年末年始はお兄ちゃんがコロナになってしまって、僕も濃厚接触者として自宅待機になったんですけど、だいぶ猫に助けられました。この子たちを見ながらコーヒーを飲むだけで、ゆったりとしたいい時間を過ごせるんです。

もう、どんなネコだろうがかわいい。僕が帰ると、助六だけ迎えに来てくれます。助六は他のネコもイヌも人も大嫌いですけど、僕にだけこういうことをしてくれるので、ついなでちゃうくらいかわいいです。でも、なですぎたら「シャーッ」て怒られますから、怒られへん程度に“サササッ”となでる。めちゃくちゃいい距離感でやらせてもらってます(笑)。

■ネコこそが生きる活力! 「ネコたちにストレスを与えないくらい広い部屋に住みたい」

——ネコの存在は、仕事への活力にもなりますか?

亜生:養っていかないと、と思います。忙しい日は、「これでささみを買える、あいつら喜びよるぞ」とうれしくなりますね。「今月頑張ったし、自動トイレにしたろかな」とか。一番いい自動トイレを買ってあげたいんですけど、10万以上もするもので…目下、もうちょっと日当たりのいい、広めの部屋に引っ越したいです。将来的には、保護犬ももらうつもり。イヌが来てもネコたちにストレスを与えないくらい広い部屋に住みたいので、今は必死に舞台を踏んでます!

——最近のベストショットを教えてください。

亜生:毎年、年始に家族写真を撮るんです。石田ゆり子さんがインスタにアップした、イヌとネコに囲まれてゆり子さんが笑ってるモノクロの写真がすごく素敵で。

僕もマネして撮ろうとしたんですけど、だーれも僕もカメラも見ない。チュールにしか集まらへん。銀次郎が逃げたがるから僕が必死に押さえる。助六は当然、来おへん。しかも動くので、写真じゃ無理だから、インカメで動画を撮ってスクショして、画質も荒いです(笑)。イメージとは全然違いましたが、これがうちっぽいなと。

——「ネコを飼ってみたい!」という方に向けて、ネコを飼ったらどうなるか教えてください。

亜生:いいことだらけです。まず、ヒマが嫌じゃなくなります。ちょっと寝っ転がってみたら、ネコが集まってくる。うまく撮りたいからカメラを始めてみたり、趣味も増えます。しかもネコって、成長すればするほどかわいくなるんですよ。「子ネコが一番かわいい」と言う人は、全然分かってない! 育てることで、ネコを自分色に染められます。なかなか染まりづらいですけど。うちは誰も染まってなくて、ずっと野生味がありますけど(笑)。

——最後に、“亜生のネコ”情報パーフェクト版として、それぞれ飼うに至った経緯と性格を教えてください!

助六(すけろく)
亜生:2015年のことですね、駐車場のブロック塀と家の間から鳴き声が聞こえたんです。当時は子猫の鳴き声を知らないから、ピィピィ言ってるし、鳥かなと思って。2メートルあるブロック塀を上って、狭い隙間に入り、助けたのが助六です。こんな名前ですけど、メスなんですよ。病院の先生がいい加減で、男の子やと教えてもらってたのに、3ヵ月後に「ごめん、やっぱりメスやった」って(笑)。名前の由来は、先輩からもらった助六寿司です。
性格は、とにかく1匹が好き。他の猫と遊びたがらないし、僕しかさわれません。唯一仲がいいのは銀次郎くらいで、他の子からは近寄られるのも一緒に寝るのも嫌がります。抱っこも嫌い。ツンデレのツンだけ、デレはほぼなし(笑)。

銀次郎(ぎんじろう)
亜生:子猫の世話の仕方を知らないから、当時隣に住んでたおばちゃんにいろいろ教えてもらっていたんですね。助六を拾った2ヵ月後かな、おばちゃんが「猫の声がする」と僕を呼びに来たんです。外に出たら、「地面から聞こえるねん」とオロオロしていて。よくよく聞いたら、マンホールから声がする。フタを開けて、腰までヘドロに浸かりながらそこにいた3匹を助けて、すぐ動物病院へ。でも2匹亡くなっちゃって、1週間入院して助かったのが銀次郎です。
性格は、優しい子です。何をされても怒らへんし、下の子の世話も焼くし。藤に尻尾をかまれても、怒らなかったくらい。今は下の2匹がうわーっとじゃれてきますが、嫌がるそぶりもありません。寝るときは僕の布団に入ってきて一緒に寝てくれるし、一番懐いてます。ただ、長時間の抱っこはできません。

藤(ふじ)
亜生:藤と出会ったのは、2018年。昔バイトしていた漫画喫茶の後輩から「駐車場に猫がいるんですけど、どうしたらいいですか」と連絡が来たんです。大阪って実はイタチが多くて子猫は食べられちゃうから、「保護しておいてくれへん?」と頼んだら、「僕、猫アレルギーなんです」と。「手袋して捕まえて、段ボールに入れてバックヤードにおいといて」と伝えて、最終の新幹線に飛び乗って東京から大阪に向かい、引き取ってきた子です。
性格は、犬みたい。他の猫も好きだし、遊びに来た人にも寄っていってゴロゴロ言います。でも抱っこは嫌いで、都合のいい時だけ抱かせてくれます。魔性の女タイプです。誰にでも懐くのに、助六とだけはめちゃくちゃ仲が悪いです。

兆猛(ちょうもう)・丹猛(たんもう)
亜生:去年の自粛期間中の話です。釣り仲間から「段ボールに猫3匹入っているんだけど、どうしたらいい?」と連絡が来て。そのうち1匹は通りかかったバイカーの人が連れ帰ってくれたけど、あと2匹いると。当人は犬を飼ってるし、猫アレルギー。深夜1時くらいだったかな、車で千葉まで引き受けに行きました。その後検査したら、猫エイズで陽性が出ちゃって。病気の子だと医療費がかかるので、さすがに人にはあげられないなぁと。ところが3ヵ月後に再検査してみると、陰性になったんです。親が猫エイズの場合、移行抗体の影響で陽性になって、のちに陰性になることがあるのだとか。その頃には他の猫と仲良くなっていたので、うちの子にしました。
2匹とも、ただただやんちゃです。寝てる猫に飛びかかったり、いろんなとこに乗ったり。僕がいない時は彼ら専用の部屋にいてもらうんですけど、室内はぐっちゃぐちゃです。ちょっと落ち着いてほしいくらい(笑)。


<取材・文=篠崎美緒/ペットモデル協力=アニマルプロ株式会社>