伊沢拓司らQuizKnock(クイズノック)が、2月22日、子どもたちと一緒に“答えのない道徳の問題”に向き合い、問題や解答を考える、オンラインワークショップ「つくろう、答えのない道徳の問題 みんなで!どう解く? Byマクドナルド」を開催した。

同イベントは、ハッピーセットを年間1億食販売する企業の責任として、子どもの成長を考えたメニューやおもちゃのリニューアルに着手しているマクドナルドが、2021年1月26日から開始した自由な思考力を育む「みんなで!どう解く?」プロジェクトの一環で行った。

この日は、「みんなで!どう解く?」プロジェクトのアンバサダーを務める東京大学発の知識集団・QuizKnockが、子どもたちと4チームに分かれ、「家族」「笑顔」「食」「友だち」の4テーマで“答えのない”問題づくりに挑戦。別のチームが考えた問いに、それぞれなりの解を見つける試みが、休憩を挟んで約2時間なされた。

参加した子どもたちは「学校ではやらないような意見の交換ができて楽しかった」「学校より深く有意義だった」「全国各地の違う年の子とやったので難しかったけど楽しかったです」「先生には聞けないようなことも聞けて楽しかった」「みんなが反論していたのでさらに深い議論になったんではないかと思う」「視野がとても広がった」と興奮した様子。

子どもたちと同じ目線でいろいろな答えを引き出し、「2時間でこんなに仲良くなれた」と子どもたちとの別れを惜しんだ伊沢は、イベント後の取材に「楽しかったに尽きますね。子どもと意見を打ち合えた、答えが出なかった、反論してくれる子がいた、全部楽しかったので今、喜びに満ちあふれています」とコメント。

自身は「人にあまり相談してこなかったんですよね。進路も会社もYouTubeも流れるまま、自分にとって今楽しいかという短期的な視野で決めてきた」そうで、「今回、人とやるといろんな見えないことが見えてくるって実感して。1人だと1つしか意見がないけど、人とやるとそれを受けて自分の新しい意見も出てくるから、人数分だけじゃなくもっと多くのことが見える。人に相談しておけばもっといい道もあったと反省しました」と語った。

さらに、「小学2年生のときに大好きなサッカーを見ていて、点を入れられたキーパーに『こっちのキーパーなら絶対止められたのに!』と言ったら、父に『絶対なんてないから、他人に対して軽々しく口にするなよ』と言われたのがすごく大きくて。

今日参加してくれたみんなも『絶対がない』と分かっていて議論してくれたからすごく頭いいなと思いましたし、絶対なんてないこと、絶対がないからこそ自分の考えを出し合って高め合っていくことの大事さが伝わったかと思うとうれしいです」と締めくくった。

子どもたちの自由な発想や思考力を育むことで「生きる力」を伸ばす「答えのない道徳の問題 みんなで!どう解く?」プロジェクトは、公式サイトで身の回りの「答えのない道徳の問題」への解答を募集し、QuizKnockメンバーの解答とともに特設サイト上で紹介。

教育現場に向けたエデュケーションツールとして提供されるほか、ハッピーセットの本「みんなで!どう解く?by マクドナルド」を制作し、2021年12月頃に販売予定。


◆取材・文=坂戸希和美