女優の杏と歌舞伎俳優の市川猿之助が、2月24日に行われた「新しい『本麒麟』完成披露会」に、商品のデザインカラーをイメージしたレッドカーペットで登場。「これから大人の苦味がどんどん出てくる季節なので、今しか味わえない味なのかなと思うと、春の訪れが楽しみになってきました」と明かした。

大麦とドイツ産ヘルスブルッカーホップを増量し、強みである「卓越したうまさと品質」がさらに進化した本麒麟。

この日は和洋中の一流シェフ、日本料理「てのしま」の林亮平氏、フランス料理「ル・マンジュ・トゥー」の谷昇氏、中華料理「Shinois(シノワ)」の篠原裕幸氏も登壇し、本麒麟の味を品評した上で、うまさを引き立てる料理のアイディアを紹介した。

本麒麟を試飲した猿之助は「僕は役者なんで、役者で例えると、主役もできるし脇役も出来る味。相手役としても理想。たいてい1つしかできないものなんだけど、こういう役者に僕はなりたい」と答えた。

料理と酒のマリアージュ(組み合わせが良いこと)などを含めて感想を問われた杏は、「おいしいっていいよね!って気持ちです。おいしいご飯を味わうのが大好きなので、新しい味の喜びを春の訪れとともに共有しながら、盛り上がって…それが日常の楽しみの1つになって、彩りが気軽に追加できるんじゃないかと思います」と回答した。

リニューアルした本麒麟は、全国のショップで販売中。


◆取材・文=坂戸希和美