長谷川博己主演の大河ドラマ「麒麟がくる」(NHK総合ほか)。最終回を迎えた同作の総集編が2月23日(火)に放送される(昼1:05-2:00ほか、NHK総合ほか※中断あり)。同作は、史料がほとんど残っていない20代の明智光秀(長谷川)の青春時代から始まり、織田信長、斎藤道三、今川義元、松永久秀、さらに豊臣秀吉や徳川家康といった英雄たちが天下を狙って戦う群雄割拠の時代を描く物語。語りを川口春奈が務め、川口が演じた織田信長の正室・帰蝶目線で物語を振り返る。


第1回「美濃編」(昼1:05-2:00、NHK総合ほか)では、若き日の明智光秀が故郷の美濃を飛び出し、新しい武器・鉄砲を手に入れるべく旅に出るところから始まる。鉄砲を求めて、堺や京へと訪れた光秀は、時の権力者・松永久秀(吉田鋼太郎)や京の名医・東庵(堺正章)、孤児の駒(門脇麦)との出会いを通して、光秀は初めて外の世界を知る。


一方、美濃では長年の宿敵・尾張の織田信秀(高橋克典)が、美濃の斎藤利政(のちの道三/本木雅弘)に和議をもちかけてくる。条件は、織田家嫡男・信長(染谷将太)と帰蝶(川口)の婚姻だった。この出来事をきっかけにして光秀は信長という不思議な男に出会い、お互いに強い関心をもつ。しかし、美濃の国内で道三の嫡男・高政(伊藤英明)が道三に対して兵を挙げ、道三は「信長と共に大きな国をつくれ」と光秀に言い残し、壮絶な討ち死にを果たすのだった。



■信長と出会った光秀の運命が動いていく…

第2回「上洛編」(昼2:00-3:00)では、道三側についたことで美濃を追われることとなった明智家は、家臣らとの再会を誓い、越前・朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)のもとにかくまわれる。
一方、信長は、長年にわたる駿河・今川義元(片岡愛之助)の脅威を、桶狭間の戦での華々しい勝利によって退け、その力を揺るぎないものにしようとしていた。


しばらくして、京で三好・松永の子らによるクーデターが勃発し、将軍・足利義輝(向井理)が暗殺される。ぽっかり空いた将軍の座を巡り、京は弟・覚慶(のちの将軍・義昭/滝藤賢一)派と義栄派に二分される。三淵藤英(谷原章介)や、細川藤孝(眞島秀和)ら奉公衆の計らいで、覚慶を越前に迎え入れた光秀だったが、朝倉義景の煮え切らない態度に、美濃の信長のもとへ義昭を連れ出すことを決心する。義昭を奉じ上洛を果たした信長は、ついに天下人への第一歩を踏み出す。


そして、光秀は悪しき慣習が渦巻く幕府、さらに朝廷へと足を踏み入れ、ともに“大きな国”を目指した信長とすれ違っていくこととなる。


■第1回「美濃編」


美濃・明智荘の明智光秀は、新しい武器・鉄砲を手に入れるべく旅に出る。時の権力者・松永久秀や京の名医・東庵、孤児の駒との出会いを通して、光秀は初めて外の世界を知る。
一方、長年の宿敵・尾張の織田信秀が、美濃の斎藤利政(道三)に和議をもちかけてくる。条件は、織田家嫡男・信長と帰蝶の婚姻。この出来事をきっかけにして光秀は信長という不思議な男に出会い、お互いに強い関心をもつ。
しかし、美濃の国内で道三の嫡男・高政が道三に対して兵を挙げ、道三は「信長と共に大きな国をつくれ」と光秀に言い残し、壮絶な討ち死にを果たすのだった。

■第2回「上洛編」


道三側についたことで美濃を追われた明智家は、越前・朝倉義景のもとにかくまわれる。一方、信長は、長年にわたる駿河・今川義元の脅威を、桶狭間の戦での華々しい勝利によって退け、その力を揺るぎないものにしようとしていた。
しばらくして、京で三好・松永の子らによるクーデターが勃発、将軍・義輝が暗殺される。ぽっかり空いた将軍の座を巡り、京は弟・覚慶派と義栄派に二分される。三淵藤英ら奉公衆の計らいで、覚慶(のちの将軍・義昭)を越前に迎え入れた光秀。
しかし朝倉義景の煮え切らない態度に、美濃の信長のもとへ義昭を連れ出すことを決める。義昭を奉じ上洛を果たした信長は、ついに天下人への第一歩を踏み出すのだった。