長谷川博己主演の大河ドラマ「麒麟がくる」(NHK総合ほか)の総集編が2月23日(火)に放送される(昼1:05-2:00ほか、NHK総合ほか※中断あり)。同作は、史料がほとんど残っていない20代の明智光秀(長谷川)の青春時代から始まり、織田信長、斎藤道三、今川義元、松永久秀、さらに豊臣秀吉や徳川家康といった英雄たちが天下を狙って戦う群雄割拠の時代を描く物語。語りを川口春奈が務め、川口が演じた織田信長の正室・帰蝶目線で物語を振り返る。


第3回「新幕府編」(昼3:05-4:20ほか、NHK総合ほか)では、光秀と信長(染谷将太)は、足利義昭(滝藤賢一)と共に上洛を果たす。晴れて将軍奉公衆に取り立てられた光秀が見たものは、摂津春門(片岡鶴太郎)らが支配する旧態依然とした悪しき慣習がはびこる幕府の内幕であった。


新興勢力である信長を敵視する朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)らの不穏な動きに、信長は正親町帝(坂東玉三郎)から勅命を受けることに成功、朝敵として越前攻めに乗り出す。朝倉をかくまった比叡山延暦寺の焼き討ちを目の当たりにし、義昭ら幕府は信長を危険視。
義昭と信長の溝は深まり、ついに義昭は信長に対して挙兵することを決心する。しかし、頼りにしていた武田信玄(石橋凌)の死をきっかけにあえなく敗北し、京から追放されるのだった。



■信長の横暴に我慢ができなくなった光秀は…

第4回「本能寺編」(昼4:20-5:35ほか、NHK総合ほか)では、武士として最も高い官位を得た信長の横暴さは日ごとに増し、帝や朝廷、身内までもないがしろにする態度をとるようになる。
大坂本願寺や丹波など、先の見えない戦も依然として続き、疲弊する光秀。ついに家臣・松永久秀(吉田鋼太郎)が信長に反旗を翻し、壮絶な最期を遂げる。


正親町帝に謁見を果たした光秀は、「信長が誤った道に進まぬよう見届けよ」と命を受ける。重臣・荒木村重までもが反乱を起こし、終わらない戦のすべての原因が将軍の不在にあると悟った光秀は、追放された義昭に会うため、鞆の浦へと向かう。
一緒に京に帰ろうと促す光秀に、義昭は「そなた一人の京ならば考える」と告げる。宿敵・武田氏を打ち滅ぼした祝いの席で、光秀は徳川家康(風間俊介)らの前で信長に激しく叱責を受ける。屈辱に打ち震える光秀に、信長はある究極の命令を下す。


■第3回「新幕府編」


義昭と共に上洛を果たした光秀と信長。晴れて将軍奉公衆に取り立てられた光秀が見たものは、旧態依然とした悪しき慣習がはびこる幕府の内幕であった。
新興勢力である信長を敵視する朝倉義景らの不穏な動きに、信長は正親町帝から勅命を受けることに成功、朝敵として越前攻めに乗り出す。朝倉をかくまった比叡山延暦寺の焼き討ちを目の当たりにし、幕府は信長を危険視。義昭と信長の溝は深まり、ついに信長に対して挙兵する義昭。しかし頼りにしていた武田信玄の死をきっかけにあえなく敗北し、京から追放されるのだった。

■第4回「本能寺編」


武士として最も高い官位を得た信長の横暴さは日ごとに増し、帝や朝廷、身内までもないがしろにする態度をとるようになっていた。
大坂本願寺や丹波など、先の見えない戦も依然として続き、疲弊する光秀。ついに家臣・松永久秀が信長に反旗を翻し、壮絶な最期を遂げる。正親町帝に謁見を果たした光秀は、「信長が誤った道に進まぬよう見届けよ」と命を受ける。
重臣・荒木村重までもが反乱を起こし、終わらない戦のすべての原因が将軍の不在にあると悟った光秀は、追放された義昭に会いに行く。一緒に京に帰ろうと促す光秀に、義昭は「そなた一人の京ならば考える」と告げる。
宿敵・武田氏を打ち滅ぼした祝いの席で、光秀は信長に激しく叱責を受ける。屈辱に打ち震える光秀に、信長はある究極の命令を下すのだった。