2月23日、国内最大級のeスポーツイベント「RAGE」がeスポーツエンターテインメントの祭典「RAGE PARTY 2021 powered by SHARP」を開催。その前半に行われたゲーム「プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat. 初音ミク」パートの「プロセカエキシビションチームマッチ」では、同作を愛する有名人がチーム戦を行い、その腕前を披露した。

MCの太田博久(ジャングルポケット)やテレビ朝日の並木万里菜アナが見守る中、火花を散らしたのは声優の中島由貴率いる“中島軍団”とバーチャルライバーの社築率いる“社軍団”の2チーム。

“中島軍団”にはコスプレイヤーのえなこや、「プロジェクトセカイ」で天馬司役を務める廣瀬大介、ピアニストのまらしぃ、2020年の「RAGE プロセカ大会」初代王者・瑠璃が参戦。対する“社軍団”には豆柴の大群のアイカ・ザ・スパイ、VTuberのエリー・コニファー、八王子P、「RAGE プロセカ大会」で13歳ながら決勝まで勝ち進んだHPSが参加した。

チーム戦は3ラウンドにわたって行なわれ、合計の獲得ポイントが多いチームの勝利という形式。5人同時にプレイした際の合計スコアを競う第1ラウンド「5on5マッチ」では、どの選手も普段とは違った環境でのプレイに緊張した様子を見た。

それでも“中島軍団”のえなこは「今日のためにエキスパートでプレイできるように練習してきた。足を引っ張らないように精いっぱい頑張る」と自身のプレイに集中。しかし、HPSが「ALL PERFECT」を出すなど、高得点者が相次いだ“社軍団”が第1ラウンドではポイントを獲得した。

第2ラウンド「フルコンスピードバトル」は、制限時間内に1対1でフルコンボによるクリアの速度を競うという内容。社と対峙した“中島軍団”のまらしぃは「ドラマツルギー」(エキスパート)を一発でフルコンボクリア。太田が思わず「まらしぃさんの優勝!」と賛辞を贈るほどの快挙を達成し、“中島軍団”がポイントを稼いだ。

第3ラウンドは各チーム1名ずつが同時にプレイし、獲得スコアを競ってポイントを獲得していく「1on1星取りマッチ」。第1試合でアイカと対戦したえなこは、「ECHO」(エキスパート)のクリア後に「苦手な譜面だった」とスコアの伸び悩みに悔しそうな表情を見せながらも1ポイント差で勝利。意外なスコアに「(ポイントが)間違ってませんか? うれしいです」と安堵の笑顔を見せた。

その後も一進一退の攻防が続き、第4試合では瑠璃とHPSという日本トッププレイヤー同士が激突。難易度が高めの譜面ながら、太田も「この二人がプレイすると簡単に見えてくる」と漏らすほど、二人は桁違いの腕前を発揮。トッププレイヤー同士の戦いらしく、1ミスで勝敗が決まってしまうようなハイレベルな戦いの結果、4201ポイント対4202ポイントという接戦でHPSが勝利した。

そして、勝敗の行方は第5試合の中島と社という軍団長対決に委ねられる。ここでフルコンボを達成し、ポイントでも上回ったのは社。3ラウンド通じての合計ポイントでも逆転に成功し、勝利した社は「みんなの力で手に入れた勝利。チームメンバーにありがとうと伝えたい」と感謝しながら賞金50万円を獲得。えなこは「他の皆さんがオートプレイかのようにうまかった」と戦いを振り返った。