元祖バイプレイヤーズの田口トモロヲ、松重豊、光石研、遠藤憲一ら名脇役が本人役で出演するドラマ「バイプレイヤーズ〜名脇役の森の100日間〜」(毎週金曜夜0:12-0:52ほか、テレビ東京系)の第8話が2月26日(金)に放送。第8話には芳根京子、本田望結、富田望生、浜野謙太、尾美としのり、渡辺いっけい、小木茂光、升毅、池谷のぶえ、吉田羊が登場する。

同作は、2017年に「バイプレイヤーズ〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら〜」(テレビ東京系)、2018年に「バイプレイヤーズ〜もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら〜」(テレビ東京系)が放送され、話題を呼んだシリーズの第3弾。

都会から離れた森に囲まれた大きな撮影所“バイプレウッド”を舞台に、各局の連ドラや映画作品が一気に集まってしまったことで起きる大騒動の100日間を描く。

■朝ドラヒロインの座を懸けて熾烈な戦いが始まる!

第8話では、朝ドラ「べじたぶる」のヒロインが降板。そのニュースを聞きつけた民放各局の女優たちは、自分に声が掛かるかもしれないと色めき立っていた。

そんな時、尾美としのりが吉田羊、芳根京子、本田望結、富田望生と次の朝ドラヒロインが誰なのかを予言し始める。

しかし、この予言がきっかけで4人は、ヒロインの座を懸けた熾烈な戦いを繰り広げる――という物語が描かれる。

公式HPなどで見ることができる予告動画には、尾美が“焼き肉占い”で予言をするシーンや、サバイバルゲームを楽しむ吉田、芳根、本田、富田の姿が公開されている。予告動画を見た視聴者からは「ミリタリー装備がかっこいい!」「元朝ドラヒロインもいるのか」「この4人になら撃たれたい」とコメントが寄せられている。