岡田圭右、AKB48・入山杏奈、NGT48・荻野由佳、森香澄アナウンサーが、2月28日(日)放送の「世界一役に立つ!大人の社会科見学」(昼4:00-4:55、テレビ東京)の取材会に出席した。2020年12月に小惑星「リュウグウ」のサンプルを持ち帰った、小惑星探査機「はやぶさ2」ゆかりの地を訪れ、成功の秘密を探る同番組。

岡田はロケを振り返り、「全てがオンリーワンのハンドメイド、手作り感いっぱいのいろんな部品が使われていることに驚きました。日本の匠の技が最大限に結集した、きめ細かい計算の中で成功したんだなと感じました」とコメント。

宇宙について無知だったという荻野は「とても分かりやすく解説してくださったので、私のように全く知らない方でも楽しんで見ていただけます」とアピール。入山は「本当にすごいものですけど、ルーツをたどっていくと意外に身近に感じられたのが、新しい発見でした」とにっこり。

また、プロジェクトに携わった人々からの金言も紹介する。岡田は「常識の枠を超えた“変人”の考え方が、新たな発想を生む。固定概念を崩して、柔軟な考え方することが成功の秘訣なのかなと思います」と話した。続けて自身が変人だと思うかを聞かれ、「いろんな現場で多くのスタッフさんがいる中で、こんなに一瞬で空気が止まるのかっていう。スタジオがまさに無重力状態になるので(笑)。そんな空間を生み出せるのが変人じゃないかな」と笑いを誘った。

最後に岡田は「宇宙との距離が、だんだん縮まっているなと感じました。子供の頃にいるのかな?と思っていたUFOや宇宙人の存在も、リアルになってきたというのがすごいところの一つ。宇宙人がいるかどうかは、あなた次第(笑)!でも宇宙のスペシャリストの方が言ってますからね。ぜひ見てください」と語った。