山下健二郎(三代目 J SOUL BROTHERS) と関口メンディー(EXILE/GENERATIONS from EXILE TRIBE)を起用したスニーカーフリマアプリ「スニーカーダンク(SNKRDUNK)」の第2弾TVCM「いきなりスニダン」篇、「スニーカー好き集結」篇(各15秒)が3月1日(月)から全国放送される。

■CMストーリー「いきなりスニダン」篇
公園のベンチに腰掛けている山下。向かいのベンチに座っている人のスニーカーに気づき、「あのスニーカーすげぇ欲しかったやつ」「いいなぁ〜」と自分が欲しかったスニーカーを履いている人をみて悔しがる。

すると、そこにメンディーがスマホを指差しながら登場。同時に、スマホの画面から「スニダン」のアイコンが飛び出してくる。「スニダンで買えますよ」とメンディーが山下に教えると、山下は無事に「スニダン」でスニーカーを購入し、嬉しそうな表情を見せる。

場面が変わり、今度は街中を歩いている山下。すれ違った人のアパレルを見ながら、「あの服いいなぁ〜」と、羨ましそうにつぶやくと、またもやメンディーさんがスマホを持って登場し「スニダン」アイコンがスマホから飛び出す。

「アパレルも買えますよ」とドヤ顔で教えるメンディーの横で、山下はアパレルを購入し満足した表情を見せる。ラストカットでは、購入した「スニダン」の箱を持って山下・メンディーが視聴者に「スニダン」をおすすめするというもの。

■「スニーカー好き集結」篇
公園のベンチに腰掛けている山下。向かいのベンチに座っている人のスニーカーに気づき、「あのスニーカーすげぇ欲しかったやつ」「いいなぁ〜」と自分が欲しかったスニーカーを履いている人をみて悔しがる。

すると、「スニダン」ロゴの後ろから、「買いました」「僕も」「私も」と声をあげながら多くの「スニダン」ユーザーが登場。ユーザー達がアイコンの後ろにおさまりながらメンディーの持つスマホ画面に戻っていくと、メンディーが「買えますよ、スニダンで」と山下さんに教える。山下は無事にスニーカーを購入することができ、嬉しそうな表情を見せる。

■CM撮影エピソード
所属事務所LDHの先輩・後輩として普段からトレーニング等で顔をあわせている山下とメンディー。お互いスニーカー好きということもあり、前回に引き続き「スニダン」の撮影は楽しみで仕方がなかったとか。

ソーシャルディスタンスをとりつつも、撮影前から2人は終始会話が弾み、明るい雰囲気のもと撮影スタート。撮影中も、お互いの演技に笑ったり声をかけたりと、仲の良さが伺えた。

今回のCMでも前回CMと同様に、2人ともお気に入りの私物スニーカーを履き撮影に臨んだ。衣装と合わせたオシャレなコーディネートに、「あのスニーカー、いいなぁ」とスタッフからCMのセリフのようなコメントが飛び出す場面も。

今回のCMでは、メンディーから山下に、欲しかったスニーカーが「スニダン」で買えるということを教えてあげるストーリーになっているため、後輩から先輩に教えているとは思えないようなメンディーのドヤ顔が炸裂。メンディーさんのコミカルな演技に、山下はじめスタッフ一同大爆笑だたっという。

■山下健二郎と関口メンディー インタビュー
――スニダンの第2弾CMのオファーがきたとき、どのように思いましたか?

山下 メンディーに会った時に、スニダンの第2弾CM決まったね、めっちゃ嬉しいねと話していました。2人ともスニーカー好きですし、とても良かったです。

メンディー  ガッツポーズでしたね!前回のCMではいろいろな方から「見たよー!」と反響もあったので、今回も起用していただけてすごく嬉しかったです。

――今回CMの見所を教えてください。

山下 すごく素敵なシーンばかりなんですけど、見所どこだろうな、全部(笑)?

メンディー コミカルな、ちょっとおちゃらけた部分が多かったですね。前回よりも。

山下 見所はメンディーの顔じゃない?すごくイイ顔してた!

メンディー 僕の顔芸! 僕のフェイシャルに注目してください(笑)!!