有田哲平がMC、小峠英二が進行を務める「有田ジェネレーション」(毎週月曜夜0:58-1:28、TBS系)では、2月8日の放送から4週連続で、番組を支える3つの軍団“有ジェネレギュラー軍団”“有ジェネ研究生軍団”“アングラ芸人軍団”による第1回軍団対抗「有ジェネカップ」を開催。3月1日(月)の放送では、いよいよ最終決戦を迎える。

前回2月22日放送の第3夜までの戦績は、“レギュラー軍団”2勝、“研究生軍団”2勝、“アングラ芸人軍団”1勝という予想だにしない混戦。3月1日(月)放送の最終戦で、もし“アングラ芸人軍団”が勝利をおさめると、3つの軍団の勝ち星が並ぶ波乱の展開となる。

満を持して“レギュラー軍団”、“研究生軍団から”登場するのは、それぞれコントと漫才の実力派であるネルソンズとTOKYO COOL。そして、このネタバトルに旋風を巻き起こすべく“アングラ芸人軍団”後援会長・有田による最終指名のムラムラタムラも衝撃の姿でスタジオに出現する。

番組史上最も過酷ともいえる三つどもえお笑いネタバトル「有ジェネカップ」の優勝の行方は… また、各軍団の補欠として控えるランジャタイ、シオマリアッチ、エスファイブの出番はあるのか、予期せぬ戦いにSNSなどでも注目が集まっている。

しかし今回、優勝軍団が決定するも、“アングラ芸人軍団後援会長”の有田は「納得いきません!」と、リモートで観戦する50人の視聴者によって行われた審査に猛抗議。

また、“レギュラー軍団後援会長”の小峠は「4週にわたって過酷な戦いをやって、こんな結末あります?」と呆然。最後の最後まで波乱尽くしの最終決戦に期待が募る。