2月26日(金)より、WOWOWオンデマンドにて配信がスタートするWOWOWオリジナルドラマ「出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年のこと」。このほど、第4話までのゲストキャスト陣と役柄が明らかになった。

本作は、現役書店員の花田菜々子が自身の実体験を基にしたベストセラー小説をドラマ化。人生に行き詰まりつつある書店員・菜々子が出会い系サイトを通じてさまざまな人々と対面し、彼らに合った本を紹介することで新たな人生を切り開いていく姿を描いた“本×出会い系サイト×人間模様”ドラマだ。

主人公の菜々子を演じるのは瀧本美織。また、レギュラーキャストとして菜々子と離婚間近の夫・健役の竹財輝之助、菜々子と出会い系サイト「AU×AU」を通して対面する青年・遠藤役の森崎ウィンも出演。二人は毎回さまざまな形で菜々子に影響を与えていく。

■強烈キャラが渋滞を起こす!? 個性的なキャスト陣が集結

そんな中、2月26日(金)に配信がスタートする第1話〜第4話のゲスト陣に、菜々子の勤め先のアルバイト2名を加えた計9名のキャストが新たに発表。まず第1話には、菜々子が出会い系サイトで最初に会う男性・土屋役の岩尾望(フットボールアワー)、感情が大きくハイテンションな男性・コージ役の板垣瑞生が登場。

続く第2話に出演するのは、菜々子の本社勤務の先輩・吉田役の丸山智己と、独特な趣味を披露する原田役の栗原類。第3話では、菜々子に衝撃を与える男性・大橋役を加藤諒が、自称“AU×AUポリス”の井田役を富田健太郎が、仕事論を語り出すプライドの高い男性・高島役を森優作が演じる。

また、菜々子が店長を務める書店「カルコレ」のアルバイト役には塩﨑大智、小西はるが決定。さらに、第5話のゲストを里々佳、伊藤修子が務めることも明らかに。彼女たちの役どころや、第6話以降のキャストについては後日発表される。

菜々子が出会うのは個性豊かでクセの強いキャラクターばかり。原作本に登場する面々がドラマ版にも登場しており、そんなインパクト十分のキャラをキャスト陣がどのように演じるのかは期待大。そして、菜々子の「人を見抜く力」と劇中で紹介される本にも注目だ。

なお、WOWOWプライムでの本放送は3月26日(金)夜11:30よりスタートされるので、引き続き放送を楽しみに待っていよう。


■WOWOWオリジナルドラマ「出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年のこと」ストーリー

書店で店⻑を務める花田菜々子(瀧本美織)は、元同僚でおにぎりのデザインを愛する夫・健(竹財輝之助)と離婚寸前。書店員としての仕事も時代の流れの中、思うように紙の本が売れず、どん底人生まっしぐらとなっていた。

そんな彼⼥が出会い系サイトAU×AUに登録し、プロフィールに書いた一言は、「今のあなたにぴったりの本をお薦めさせていただきます」。実際に出会う人たちは個性豊かで魑魅魍魎。男⼥問わず、一癖も⼆癖もある人々ばかりだった。

数々の出会いを経る中で、菜々子は⾺が合い、定期的に会うようになる笑顔がかわいい映像作家の遠藤(森崎ウィン)のことを意識し始める。30代にして⽴ち⽌まってしまった菜々子は、今まで出会うはずもなかった人との出会い、一人一人に真剣に本を紹介する中で、どのように自分を⾒つめ直し、どんな人生を歩む決断をするのだろうか。