2月28日(日)に「超ド級!世界のありえない映像大賞9」(夜8:00-9:54、フジテレビ系)が放送される。同番組は、世界中から“超ド級のありえない映像”を集め、 審査委員長の船越英一郎、審査員の北山宏光(Kis-My-Ft2)、平祐奈、高橋茂雄(サバンナ)、森泉が“ありえない映像”の中から、“究極のありえない映像大賞”を決定する。

今回登場する映像は、「まばたき禁止!ハッと息をのむ部門」「キュンキュンかわいすぎる部門」「ハラハラドキドキ!目が離せない部門」「エッ!そんなこと…まさかの部門」「あっと驚いた!見逃せない部門」の5部門、計60本を超える映像で構成される。

収録後、審査員の北山が特に印象に残った映像として挙げたのはアイスランドの幻想的な氷河の映像。アイスランドにある広さ8100平方キロメートル、ヨーロッパ最大級の氷河「ヴァトナヨークトル氷河」を訪れた探検家が見た信じられない絶景の数々。

中でも北山は「氷の洞窟」の神秘的な映像に感動する。何百年も掛けて圧縮された氷は、透明度が高く、外の光を通しやすくなることで、洞窟の中は息をのむほど美しい幻想的な氷の世界となっている。

そのほかにも、川から流れ込んだ水と海の境目がはっきりと分かれて色がちがうメキシコ湾の映像やロシアで撮影されたクリオネの映像など、自然界の神秘的な映像が多数。一方で、ただただ笑える映像も盛りだくさん。

中でも、北山はインドネシアの“注射を怖がるおじさん”の映像がお気に入り。採血をする男性は、医者から「力を抜いてください」と言われるも、注射への怖さで今にも泣きそうに。異常なほど怖がる男性の様子にスタジオは大笑い。

さらに、海外だけではなく、日本からもとっておきの映像が。4匹のイヌを飼っている飼い主が、いたずらをした愛犬がどのイヌなのかを見つけ出そうとする映像では、北山が「振りがきいていて、オチも素晴らしく、ぜひ楽しんでいただきたいです!」とおすすめする。

■北山宏光のコメント
                              
――収録の感想を教えてください。

よく世界中からこれだけの映像を集めてきたなと感心しました。日本はもちろん世界中から集まってきた映像はとても勉強になりました。特にネイチャー系の映像は迫力があって印象に残りました。実際に見に行ってみたいな、自然ってやっぱりすごいなと感激しました。

――特に印象に残っているVTRは?

まずはアイスランドの“氷の洞窟”の映像ですね。見たことのない景色に心を奪われました。他にも、海水と淡水が混じりあわないで色がちがうメキシコ湾の映像や、クリオネの不思議な映像なども忘れられません。
個人的なおすすめはインドネシアの“注射を怖がるおじさん”です。あのリアクションは忘れられません。あとは“イタズラをした愛犬を見つけ出す”映像も、振りがきいていて、オチも素晴らしく、ぜひ楽しんでいただきたいです!

――視聴者の方々へメッセージをお願いします。

この番組を見ていただければ、世界中では日々本当にいろいろなことが起こっているんだなと感じていただけると思います。どれも普段の日常を切り取っている映像なのですが、笑えて、ときには勉強になって、そしてきっと元気になれると思います。この時期だからこそ、家に居ながら笑って楽しんでいただきたいと思います!