4月スタートのドラマ「恋はDeepに」(毎週水曜夜10:00、日本テレビ系)に今田美桜の出演が決定した。石原さとみと綾野剛がW主演を務める同ドラマ。石原は海を愛する魚オタクの海洋学者・渚海音(なぎさ みお)を、綾野はロンドン帰りのツンデレ御曹司・蓮田倫太郎を演じる。

今回今田が演じるのは、芝浦海洋大学・海洋学術センター・鴨居研究室の特任研究員。明るく優しいしっかり者で、海音の良き相談相手。個性豊かな面々を仕切る裏番長的存在で、合併の危機にある研究室を支えている。気遣い上手で面倒見が良いため、ついつい他人を優先してしまい、自分のことはつい後回しになりがち。という役どころだ。

■今田美桜コメント
――脚本を読んだ感想をお願いします。

とにかくキュンキュンしました!かわいくて少し不思議な海音さんと、ツンデレな倫太郎さんの恋愛模様にキュンキュンします。鴨居研究室は、とても和気あいあいとした雰囲気で、台本を読んでいてもすごく楽しくて、撮影に入るのが楽しみでした。

――宮前藍花という役柄について教えてください。

藍花は海洋学術研究所の特任研究員です。研究室には男性の研究員が多く、みんながワイワイやっている中、大事な時にしっかりと周りにツッコミできるしっかり者だと思います。海音さんの秘密に少しだけ気付きながらも、海音さんが好きだから深く詮索しない、気の使い方がとても上手な優しい女性です。

――現場の雰囲気はいかがですか?

本当に楽しいです!!特に鴨居研究室は皆さんとの面白いやりとりがたくさんあり、カメラが回っていないところでも、皆さんと冗談を言い合ったりしていて、とても仲良くさせていただけてうれしいです。

――今回初共演となる石原さんと綾野さんの印象は?

石原さんは、思っていた通りのとても優しい方で、現場でいろいろなことを教えていただいています。撮影の合間にお話をしたりして、お姉さんのような存在です。綾野さんは、思っていたよりも柔らかく、少し天然なところもあって、こんな一面もあるんだ!と親近感を感じています。まさにツンデレの役柄がぴったりな方だな、と思っています。

――最後にメッセージをお願いします。

藍花は、ドラマの中で周りの方々にツッコむことが多いので、優しさを持ちながらも、ドラマが楽しくなるようにどんどんツッコんでいきたいです。そして、藍花にもすてきな恋の展開があるので、楽しみにしていただけたらと思います。笑って泣けるすてきなラブコメとなっているので、とにかくキュンキュンしていただきたいです!楽しみにしていてください!