3月1日放送の「ネプリーグ」(夜7:00-8:00、フジテレビ系)に、Snow Manの岩本照、深澤辰哉、ラウール、渡辺翔太、向井康二、阿部亮平、目黒蓮、宮舘涼太、佐久間大介らメンバー9人が登場。上智大学院卒の秀才・阿部チームと現役高校生・ラウールチームに分かれて常識クイズで対決した。事前にくじ引きによって分けられたメンバーは阿部チームが岩本、深澤、宮舘、ラウールチームが渡辺、向井、目黒、佐久間。

■「Snow Man vs Snow Man」の戦い
番組公式YouTubeでアップされた打ち合わせやチーム分けの模様を収めた動画も注目を集め、放送前からTwitterでは「Snow Man vs Snow Man」がトレンド入りするなど期待が高まっていた。

1stステージは、音楽のリズムに合わせて画像の名前や対義語などをテンポよく答えるゲーム「ノンストップDJ」。

岩本は「フォカッチャ」の写真を見てなぜか「海苔パン」と解答。一方、目黒は、「九州、九官鳥」の九の部分だけ伏字になっており、そこに入る文字を答える問題で「四」「八…」「五…?」と答え、不正解になったあと、一から順番に九まで数えて気づくなど両チームとも迷解答が続出。

また、映画「海猿」の主演俳優は?という問題に悩むラウールを、敵チームにもかかわらず、グループ最年長の深澤が「ラウ知ってるかな?(映画第一作目の公開は2004年・ラウールは2003年生まれ)」と、阿部と共に心配そうに見守るシーンも。

「伊藤ひろしさん」と答え不正解だったラウールは、その後、「伊藤ひまではあってた」と言われるが、正解の伊藤英明が出てこず、「伊藤博文さん」と初代内閣総理大臣の名前を。

そんなラウールに阿部は「何回も詰まってそれでもひねり出したのがすごかった」と褒め、ラウールチームの原田泰造、渡辺、佐久間、向井も「頑張った頑張った!」と健闘をたたえあった。

■目黒蓮、ついにネプリーグで初正解
2ndステージの漢字問題ではSnow Manリーダー岩本が4問連続正解したが「雑貨」でつまずき、宮舘にバトンタッチ。「Party Timeだ!」と颯爽と登場した宮舘だったがあっさり不正解になってしまう。すると宮舘は「No Party Time!」とカメラ目線でキメてみせスタジオの笑いを誘っていた。

そして後攻ラウールチーム。前回出場した際に1問も正解できず、今回もここまで正解0の目黒は、ここで何問正解したいか目標を問われ「1問で!」と返答。佐久間は「低いハードルだけどいいよ!」と応援。そんななか、目黒はSnow Manの歌詞の中にある漢字を読む問題で見事大正解。「よし!」と何度も叫びガッツポーズで大喜びした目黒は、4問連続正解の快挙。メンバーから「大健闘!」と拍手が送られた。

接戦が続いたが、最終ステージ進出を決めたのは阿部チーム。トロッコに乗り、右か左の二択で答えていくが、残念ながら3問目のリチウムイオン電池のマークを選ぶ問題で敗退してしまった。

わからなかった…としょんぼりする阿部チームメンバーに堀内健が「じゃあ、間をとって舘さまが悪いってことにしよう(笑)」と言うと、宮舘はまたもやカメラ目線で「ごめんなParty Time!」とキメ台詞。しかし即座に堀内から「今のじゃ番組終われないな」とツッコミを受けていた。

■「めめ初正解」「海苔パン」「Party Time」など続々Twitterトレンドに
オンエア中から「ネプリーグ」「Snow Man」はもちろん、「目黒くん」「めめ初正解」、そして「海苔パン」「Party Time」、向井が番組中に見せたギャグ「もみあげ手裏剣」なども続々Twitterトレンド入り。

視聴者からは「1時間あっという間だった」「めっちゃ面白かった」「めめ初正解おめでとう!すごく頑張ってた!!」「やっぱり応援しあっちゃうSnow Man。優しくて平和な世界」「10代のとき付き合っていた人がいた割合を聞いたしょっぴー(渡辺)の“恋してんのかー!”って反応面白過ぎ!」「9人がイエーって喜びあったり、わちゃわちゃしてるの可愛くて癒されました」「いけるよ!とか落ち着いてとか声かけあって仲の良さ見えた」「9人が楽しそうにしてるの最高」「全部見どころだった」など、たくさんのコメントがSNS上に寄せられていた。

Snow Manは現在3rdシングル「Grandeur」が発売中。また、3月3日(水)にはLIVE DVD&Blu-ray「Snow Man ASIA TOUR 2D.2D.」が、4月7日(水)にはDVD&Blu-ray「滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie」がリリースされる。