綾瀬はるか主演、高橋一生、柄本佑、北村一輝らが出演する日曜劇場「天国と地獄 〜サイコな2人〜」(毎週日曜夜9:00-9:54、TBS系)の第7話が2月28日(日)に放送された。「世界の中心で、愛をさけぶ」(2004年)、「白夜行」(2006年)、「JIN−仁−」(2009年、2011年)、「義母と娘のブルース」(2018年)などを手がけた森下佳子によるオリジナルストーリーの謎多き展開に、視聴者は酔いしれている。(以下、ネタばれが含まれます)

■日高には双子の兄・東朔也がいた!

ドラマ「天国と地獄 〜サイコな2人〜」は、努力家で正義感が強く、慌てん坊な警視庁捜査第一課の刑事・望月彩子(綾瀬)と、若くしてベンチャーを立ち上げたやり手の経営者で、サイコパスな殺人鬼・日高陽斗(高橋)の魂が入れ替わってしまう、“スイッチエンターテインメント”。

日高(高橋)に双子の兄・東朔也(アズマ・サクヤ)がいたことが判明し、彩子(綾瀬)も河原(北村)も朔也という人物にたどり着いたが、謎は深まるばかり。彩子は殺人の共犯者かもしれない「クウシュウゴウ」と名乗る人物にも出会えていないし、陸(柄本) は数字の落書きを消す際に師匠・湯浅(迫田孝也)が姿を現していたことを気にかけている。

彩子の姿をした日高にも焦りの色が見え始めている。東朔也が死亡していないか確かめたり、リストにない人物が殺された新たな猟奇事件の発生には、明らかに動揺している。

■謎解き好きの視聴者も脱帽する脚本

視聴者はこれまでも魂が入れ替わる謎や、猟奇殺人の真犯人についてSNSで考察を練って盛り上がっているが、「もうお手上げですが最後まで見ます!」「脚本が本当に面白い。キャストが本当に素晴らしい。あとは何も分からない笑笑」「毎回毎回新情報が出てくるってすごすぎる」と、森下佳子の脚本の巧妙さに脱帽する人も多い。

Twitterのトレンドランキング入りは常連で話題に事欠かないが、今週は彩子と日高の入れ替わりに気付いている陸と八巻(溝端淳平)が初対面して、協力し始めていることを“ほっこり”と楽しむ人も。「陸と八巻の関係性がかわいすぎる!」「日高in彩子が服従させてる感じにほのぼの」「陸も八巻もマイペースで良き」など、登場人物たちのつながりはどんどん色濃くなり、ますます目が離せなくなっている。

■陸が師匠・湯浅からあることを頼まれる

次週、第8話は3月7日(日)に放送される。(※あらすじ<>内は入れ替わった後の人物名)

新たな猟奇殺人が発生─。現場検証が行われる中、彩子<日高>(綾瀬)は東朔也が担ぎ込まれた病院へと再び向かう。

事件に日高の生き別れの兄が関わっているのではと考える日高<彩子>(高橋)。同じく、現場への返り咲きを狙う河原(北村)も、日高と東朔也の関係、また彩子に対し推理の的を絞り始めていた。

一方、陸(柄本)は、病気で倒れた師匠・湯浅(迫田)を放っておくことができないでいた。そんな陸に、湯浅はある頼みごとを持ち掛ける…。その後、八巻(溝端)とコ・アース社に訪れた彩子<日高>は、日高<彩子>から思わぬことを告げられる。