八木亜希子がリスナーのリクエスト曲に応えるラジオ番組「LOVE&MELODY」(毎週土曜朝8:30-10:50、ニッポン放送)の3月6日(土)の放送回で、特別企画「ラジオで卒業式!卒業ソングスペシャル」を放送する。

新型コロナウイルスの影響で、学校の一時休校や体育祭、文化祭といった行事の縮小や中止、コロナ渦のなかでの受験など、イレギュラーな学生生活を送ってきた、この春卒業を迎える生徒たちと周囲の人からのメッセージを、番組では、メールとTwitterで募集をかける。

学校生活でやりたかったことや考えたこと、一緒に過ごしてきた友人や仲間へ想うこと、そして同じくさまざまな気持ちを抱え、支えてきた先生や両親からのお祝いの言葉、後輩から卒業する先輩へ伝えたいことなど、それぞれの想いや気持ちのこもったメッセージを、卒業ソングとともに紹介していく。

また、シンガー・ソングライターの川崎鷹也による、卒業がテーマとなっている新曲「サクラウサギ」が、この企画のテーマソングに決定した。

そして10時台のコーナー「10時のグッとストーリー」では、八木が卒業証書にまつわるグッとな話を朗読する。創業以来、卒業証書入れやアルバムをはじめとした学校用品を専門に制作事業をしているメーカーのミヤザワ株式会社が、現在、取り組んでいる、 破棄されたバナナの茎からできるバナナペーパーという紙のプロジェクトを紹介する。「バナナペーパーで卒業する人を増やし、バナナペーパーで入学できる人を増やす」その目標に込められた想いを伝えていく。