2020年12月に公開された、陸海空をめぐる体感型バトル・アクション映画「ワンダーウーマン 1984」がひかりTVにて3月3日(水)より提供される。

今作は、数々の記録を更新する大ヒットを記録した「ワンダーウーマン」(’17)の続編。ワンダーウーマン誕生の秘話が描かれた前作から3年、最強の戦士が最大級のスケールで新たな伝説を放つ。パティ・ジェンキンス監督×主演ガル・ガドットのコンビとクリス・パインが続投する他、最大の敵マックスを演じる「マンダロリアン」のペドロ・パスカル、「ゴーストバスターズ」(’16)のクリステン・ウィグら豪華キャストが集結。
舞台は1984年。ワンダーウーマンことダイアナ(ガル・ガドット)はワシントンD.C.で博物館の学芸員として働きながら、ひそかに悪人を懲らしめていた。ある時、博物館に送られてきた強盗事件の証拠品の中に、願いをかなえるドリーム・ストーンがあることに気付いたダイアナと新任の学芸員バーバラ(クリステン・ウィグ)は、それぞれ願い事をする。

そんな中、ドリーム・ストーンを狙って、実業家マックス(ペドロ・パスカル)が博物館に来訪。彼の巨大な陰謀と正体不明の敵チーターにより、ワンダーウーマンを全人類滅亡の危機が襲う。

主役を演じるガル・ガドットは、兵役のあるイスラエルで戦闘員のトレーナー役として2年間を過ごすという、女優としては珍しい経歴を持つ。「ワイルド・スピード MAX」(’09)でスクリーンデビューを果たすと、「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」(’16)でワンダーウーマン役として注目されるなど、華々しい活躍を見せている。また、公開待機作として控える「ナイル殺人事件」にもメインキャストとして出演している。