4月より、松坂桃李主演、大石静脚本のドラマ「あのときキスしておけば」(毎週金曜夜11:15-0:15、テレビ朝日系)の放送がスタートする。同作は、松坂演じる、壊滅的にポンコツで、夢もなく覇気もなく生きていたスーパーの従業員・桃地のぞむが主人公。ある日、大好きな漫画の作者・唯月巴([ゆいづき・ともえ]麻生久美子/井浦新)と出会い、距離を縮めていくが、間もなく彼女は事故で帰らぬ人に…。そして、涙にくれる桃地の前に「モモチ、私が巴なの」と見知らぬおじさん・田中マサオ(井浦)が現れる。主人公が恋するヒロインと見知らぬおじさんの中身が入れ替わる前代未聞のラブコメディーとなっている。

■松坂桃李史上《最ポンコツキャラ》が奔走する衝撃の“入れ替わり”ラブコメディー誕生

映画「孤狼の血」での暴力班捜査係の若き刑事、「娼年」での会員制ボーイズクラブの娼夫、そして日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を獲得した「新聞記者」での内閣情報調査室の官僚など、骨太な男からセクシーで謎めいた男まで、幅広い役柄を演じ分けてきた松坂。

同作では、そんな松坂がキャリア史上《最ポンコツ》なキャラクターを生み出し、また新たな一面を見せつける。

松坂演じる桃地のぞむは、とにかくポンコツで何かと不運な32歳独身男性。勤務先のスーパーでも失敗ばかりで、出世願望も恋愛願望も特になし。唯一の趣味は、家にこもって大好きな漫画を読むことだ。

ある日、そんな桃地がスーパーのレジでクレーマーに絡まれていたところを助けたのが、大好きな漫画の作者・蟹釜ジョーこと唯月巴。男性だと思っていた作者が実は女性で、しかもなぜか気に入られてしまい、いつの間にか家政夫のような使用人のような立場の高額なアルバイトまで依頼され、なんやかんやとしているうちに友だち以上恋人未満ないい感じの関係に…。

押し倒されてキスされそうになったのをやんわり拒否しキレられるが、沖縄旅行に誘われたので同行する。しかし、幸せの階段を一気に駆け上がり始めたかのように見えた桃地を待ち受けていたのは、突然の唯月の死。

悲しみに暮れる桃地の前に、一人の見知らぬおじさんが現れ「モモチ、私が巴なの」と告げる。

最愛の人を失った上に、見知らぬおじさんに訳の分からないことを言われてしまった桃地を、奇想天外な出来事が次々と襲う。

松坂にとっても念願のラブコメだという同作。大好きな彼女のためならば掃除、洗濯、料理となんでもやってしまうが、自分の意見も言えない、困っている人を助けることもできない、全然頼りにならない。そんな愛すべきダメ男・桃地を、松坂がどのように演じるのか、松坂自身にとっても久々となる恋愛ものに注目が集まる。

■松坂が恋するヒロインは麻生久美子…と思いきや、ヒロインは井浦新!?

主人公とヒロインが入れ替わってしまうという“入れ替わり”ものは数あれど、主人公が恋するヒロインの中身が見知らぬおじさんのところに行ってしまうという作品は珍しい。

そんな入れ替わってしまう2人を演じるのが、麻生久美子と井浦新。数々の作品で独創的なキャラクターを演じてきた2人が、松坂との一風変わった“ラブ線”を描き出す。

麻生が演じるのは人気漫画「SEIKAの空」の作者・唯月巴(ゆいづき・ともえ)。“蟹釜ジョー”という名前で執筆活動をしている大ヒット作家で、超お金持ち。そんなセレブな唯月が桃地と出会い、接していくうちに少しずつその価値観を変えていく。

しかし桃地への思いに気付いた矢先、事故で帰らぬ人に…。しかも見知らぬおじさんの中に魂だけ入ってしまう。

一方、そんな唯月の魂が乗り移ってしまう“中年のおじさん”を演じるのが井浦。名前は田中マサオといい、桃地が働くスーパーにも出入りする清掃業者の清掃員だ。しかし、不慮の事故で唯月の魂が体に乗り移ってしまい、姿形はおじさん(=マサオ)でも中身は女性(=唯月)として生きていくことになる。

同作では“田中マサオ”としてだけでなく、“唯月巴”としての芝居も注目を集めることになる井浦。ドラマ「アンナチュラル」や「殺意の道程」、そして「にじいろカルテ」での好演も記憶に新しい井浦が「あのときキスしておけば」で、また新たな境地を開く。

■脚本は恋愛ドラマの名手・大石静

同作の脚本を手掛けるのは、恋愛ドラマの名手として知られる脚本家の大石静。「大恋愛〜僕を忘れる君と」「セカンドバージン」「恋する母たち」「セカンド・ラブ」といった、数々の恋愛ドラマを世に送り出してきた大石が、再び完全オリジナル作を誕生させる。

前代未聞の“入れ替わり”ラブコメディーを前に、「頭をひねってストーリーを膨らませた」と大石。「連続ドラマの醍醐味である“先の展開への期待”、“来週どうなる”感は、持てる能力と情熱の限りを尽くして考えました!」と話す。

■主な登場人物

●桃地のぞむ(ももち・のぞむ)役/松坂桃李

「スーパーゆめはな」の青果担当。衝撃的にポンコツで不運続きの32歳独身男性。怖い客に詰められても何も言えず、万引きも捕まえられず、運んでいるトマトは全部落としてしまい、困っている人がいてもうまく助けたりはできず、後でその人のために泣くタイプ。

ものすごく“ダメダメ”だけど、どこまでも優しくていいやつ。出世願望も恋愛願望もなく、休日は激ゆるジャージで家にこもってひたすら大好きな漫画を読むのが何より至福。

ある日、スーパーのレジで粘着質なクレーマーに絡まれていたところ、大好きな漫画「SEIKAの空」の作者・唯月巴に助けられ、運命的な出会いを果たす。憧れの人と知り合いになれたものの、彼女はお金持ちでセレブすぎるし、住む世界が違いすぎて、困惑…というかドン引きしてしまう。

そのうち人柄か能力か、いずれにせよ何かが買われ、家政夫のような使用人のような立場として高額で雇われることに。なんだかんだとこき使われながらも、唯月の人気作家としての努力や思わぬ弱さを目にすることになり、徐々に距離が縮まっていく。

ある日、唯月の家で突然押し倒されキスを迫られるが、動揺の末、うっかり拒否。ものすごくキレられながらも、唯月に誘われ沖縄旅行に同行する。しかしその途中、事故に巻き込まれ、彼女は帰らぬ人に…。

大切な人を突然失ってしまった悲しみに暮れていた矢先、見知らぬおじさんが目の前に現れ、「モモチ、私が巴なの」と言い出して、衝撃を受ける。

●唯月巴(ゆいづき・ともえ)役/麻生久美子、井浦新

桃地の愛読漫画にして超大ヒット作「SEIKAの空」の作者。ペンネームは「蟹釜ジョー」。世の読者たちは、作者は男性だと思っている。

衝撃的なお金持ちであり、豪勢な一軒家に住み、洋服はいつも高級ブランド、好きなものはタクシー。電車には何年も乗っていない。この生活は自分の努力で培った結果であるという、絶大な自信を持って生きている。

愛するものは仕事。締め切り前にはイラつきすぎて猟奇的になったり、ノーメーク&デコ出し眼鏡にジャージで執筆作業という誰にも見せられないような一面も持ち合わせる。息抜きは趣味で通うフラダンス教室と、桃地が働くスーパーへの買い出し。

大ヒット作品故にSNSでのアンチも多く、その罵詈雑言に疲れ切っていた頃、不器用で優しい桃地と出会う。自分の大ファンであるという事を心地良く思い、家政夫のような使用人のような立場として家に招き入れ、身の回りの世話をさせるが、桃地と接するうち、自身の価値観も変わり始めていく。

実はバツイチで、編集者の高見沢と一年間だけ結婚生活を送っていた。母娘2人の家庭で育ったため、母親とはとても仲が良い。

ある日、桃地と共に沖縄旅行に出かけたところ、事故に巻き込まれ帰らぬ人に…と思えば、見知らぬおじさん(マサオ)の中に魂だけ乗り移ってしまったようで、自らの運命が狂い始める。

●田中マサオ(たなか・まさお)役/井浦新

沖縄行きの飛行機で桃地と唯月の隣の席に乗り合わせた、さえない清掃員のおじさん。不慮の事故に遭い、唯月と魂が入れ替わってしまう。

なぜ彼は沖縄行きの飛行機に乗ったのか、そして彼が何者なのかは、徐々に明かされていくことになる。