椰月美智子原作(角川文庫刊)、瀬々敬久監督、映画「明日の食卓」が、5月28日(金)に公開されることが決定、加えて、追加全キャストが解禁された。

10年ぶりの映画主演となる菅野美穂が、フリーライターでふたりの息子を育てる留美子役として、やんちゃ盛りの息子たちを育てながら、仕事復帰を目指す母親をパワフルに演じる。

また高畑充希が、シングルマザーで大阪に暮らす加奈役として、若くして子どもを産み、日々、非正規の仕事をかけ持ち、時間に追われながらも、息子のために健気に生きる姿を見せる。

そして尾野真千子が、年下の夫と優等生の息子にかこまれ、一見、何不自由なく幸せを手に入れているあすみをていねいに演じている。

子を持つ親なら誰もが直面するであろう社会問題を、瀬々監督のもと、女優陣が見るものの問題意識を喚起しながらクライマックスへと向かわせ、ラストには希望の光を見出してくれる。

今回、“3人の母”の夫役を、和田聰宏と大東駿介が務めることが解禁となった。

瀬々組に腰をすえて参加するのは14年ぶりとなる和田が、菅野演じる留美子の夫でフリーランスのカメラマンである石橋豊を演じる。妻に寄り添っているように見せながらも、“父親になりきれない”男性をリアルに体現する。

大東が、尾野演じるあすみの夫の石橋太一を演じる。郊外にある実家の敷地内にマイホームを建て、絵に描いたような幸せな家庭と優雅な暮らしを送っているように見えるが、実は心の底で母親に依存しているという、無意識のなかで闇を抱えた複雑な役柄を演じ切っている。

さらに、太一の母で、あすみの姑の石橋雪絵を真行寺君枝が、高畑演じる加奈の母親の石橋よしえを烏丸せつこが、「3人の石橋家」の母親を見守る“母親”を、難役ながらもベテラン女優がしっかりと演じている。

主人公の母親たちに関わる鍵となる登場人物として、あすみの心のより所となる友人の若杉菜々を山口紗弥加が、加奈の息子の勇の同級生の母の西山明奈を山田真歩が、加奈の風来坊な弟の石橋正樹を若手俳優の藤原季節が、それぞれ担当している。

そして、渡辺真起子が留美子の先輩編集者である成田依子を、実力派俳優の菅田俊が被災地で生きるあすみの父の藤崎恒雄を、水崎綾女が加奈の息子の優の同級生であるレオンの母の竹内かおりを、宇野祥平が加奈の息子の勇の学童保育の担当教諭の安田として参加する。

■和田聰宏(石橋豊役)コメント
瀬々組に、腰をすえて参加させていただくのは14年ぶりとなります。家族のあり方、そして親子のあり方を描いたこの作品に、家族を持ち子供を育てる親となった、今の自分が関われたのは、とてもうれしいことでした。

撮影中は、主演の菅野さんと“子育て”について話をするなかで、たがいの価値観を自然に共有できたことが、夫婦役としての信頼関係にもつながったと思っています。

豊を演じさせていただき、“無償の愛”のすばらしさを、改めて感じられたことに感謝します。

■大東駿介(石橋太一役)コメント
人を傷つけることに、大切なものを壊すことに悪意はいらないんだなぁと。役をとおして無関心の脅威を、痛みを持って感じる撮影でした。

なかなか苦しいシーンが続いていた撮影の合間に、ふと遠目で現場を眺めていたとき、「映画が大好きだなぁ」という想いがあふれる瞬間がありました。瀬々監督の作品や映画に対する情熱を肌で感じ、そこに集ったスタッフ、キャスト一同とこの作品に参加できたことに、幸福感が込み上げてきた瞬間でした。
■映画「明日の食卓」あらすじ
同じ“石橋ユウ”という名前の小学5年生の息子を育てる3人の母親たち。

神奈川在住のフリーライターの石橋留美子(菅野美穂)43歳、夫の豊はフリーカメラマン、息子の悠宇10歳。

大阪在住のシングルマザーの石橋加奈(高畑充希)30歳、離婚して、アルバイトをかけ持ちする毎日、息子の勇10歳。

静岡在住の専業主婦の石橋あすみ(尾野真千子)36歳、夫の太一は東京に通い勤務するサラリーマン、息子の優10歳。

それぞれが息子の“ユウ”を育てながら、忙しく幸せな日々を送っていた。しかし、ささいなことがきっかけで、徐々にその生活が崩れていく。

無意識に子どもに向いてしまう、いら立ちと怒り。住む場所も家庭環境も違う“3つの石橋家の”行き着く運命を描く。