坂口健太郎主演で、2018年に放送された連続ドラマの“その後”を描く「劇場版シグナル 長期未解決事件捜査班」の完成報告会が3月2日に都内で行われ、坂口をはじめ、北村一輝、吉瀬美智子、木村祐一、池田鉄洋が登壇。“現在”と“過去”という別の時代を生きる刑事を描く本作。“過去”を生きる熱血刑事を演じる北村が「僕は誰とも会っていないんですよ。この作品はいつもひとりぼっちで撮る」と共演者と会えないさみしさをにじませ、周囲の笑いを誘った。

謎の無線機が“現在”と“過去”の2人の刑事をつなぎ、共に未解決事件を解決していく姿を描く本作。この度、オリジナルストーリーで映画化が実現した。“現在”の刑事・三枝を坂口、“過去”を生きる刑事・大山を北村が演じている。

撮影の感想を聞かれた北村は、「『いつも共演してどうですか?』と聞かれるんですが、ほとんど会うこともなく、会ってもワンシーン。出来上がりを観ると『みんなとやっている』とすごく思うんですが、撮影自体は今回もずっとひとりだった。『みんな元気にやっているのかな…』と思いながら撮影をしていた」と告白。坂口が「セットの場所も違うので、すれ違うこともなかったですよね」と振り返ると、北村は「同じセットでも時代が違うので、セットが変わる。もちろん入り時間も違うし、日にちも違う。会わないです…」と肩を落とす。司会から「孤独を感じていたのでは?」と聞かれると、「それです」と即答して会場を笑わせていた。

本作で激しいアクションにも挑戦した坂口は「アクション監督が『痛みがちゃんと人にわかるようなアクションシーンを撮りたい』というこだわりがあった」と述懐。「完成作を観て、手に汗を握るような。何度やられても立ち上がる三枝健人に感情移入できるような(ものになった)。監督もいろいろと演出をしてくれて、三枝健人なりのすごくいいアクションシーンが撮れた」と自信をのぞかせ、「連続ドラマから撮り始めて、こんなに長い間、『シグナル』という作品に携われるとは思っていなかった。やっと、こうやって映画をお届けできると思うと感慨深い」と心を込めていた。

「劇場版シグナル 長期未解決事件捜査班」は4月2日(金)より公開