俳優・小栗旬と女優・柴咲コウが出演するサントリー「ザ・プレミアム・モルツ」の新CM「ちょっと高級なビールにしようか」が3月6日(土)より全国でオンエアされる。

本CMは小栗、柴咲が昨今の生活の変化における気づきを紐解きながら「ザ・プレミアム・モルツ」でかなえる“日常のちょっとした贅沢”を、映画「La La Land」の挿入歌である、「Another Day of Sun」の軽快なリズムに乗せて表現している。

■「ちょっと高級なビールにしようか」(小栗篇)

暖かな夕陽の光に照らされながら、「世界が変わって分かったことがある」と語り始める小栗。「平凡な今日の中にこそ、最高の時間を作れるんだ」という言葉とともに、上空からの街の風景が映し出され、“最高の時間”を表現する抽象空間の中で、「ザ・プレミアム・モルツ」の缶がキラキラと輝く。小栗がこちらを向いて「ちょっと高級なビールにしようか」と語りかけると、その一言から嬉しいご褒美時間が始まる。

部屋からベランダに出て、嬉しそうな表情でグラスに「ザ・プレミアム・モルツ」を注ぐ小栗。一口飲むと、そのおいしさを実感し思わず「最高の時間」と一言。夕陽に照らされた小栗の横顔と、「ザ・プレミアム・モルツ」の缶が重なるカットで締めくくる。

■「ちょっと高級なビールにしようか」(柴咲篇)

暖かな夕陽の光に照らされながら、「世界が変わって分かったことがある」と語り始める柴咲。「私たちの毎日には、スイッチが必要だ」の言葉とともに、上空からの街の風景が映し出され、“最高の時間”を表現する抽象空間の中で、「ザ・プレミアム・モルツ」の缶がキラキラと輝いている。柴咲がこちらを向いて「ちょっと高級なビールにしようか」と語りかけると、その一言から嬉しいご褒美時間が始まる。

自宅のキッチンカウンターに腰掛けながら「ザ・プレミアム・モルツ」をグラスに注ぎ、一口飲むと、うっとりとした表情で「最高の時間」と一言。嬉しそうな表情の柴咲と「ザ・プレミアム・モルツ」の缶が重なる印象的なカットで締めくくる。

■小栗旬撮影エピソード

この日の撮影は日中の青空、そして夕暮れ時のシーン。当日は最高の天気に恵まれながらの撮影となった。家を舞台にした撮影だったので小栗もリラックスして臨むことができたようで、素敵な表情を引き出すことができた。屋外のシーンでは「ザ・プレミアム・モルツ」をグラスに注ぐ難しいシーンもあったが、小栗の注ぐビールは泡も完璧で、おいしそうなビールが撮れた。本人も、「最高の天気のもと、夕焼けのなかで『ザ・プレミアム・モルツ』を飲む撮影はまさに最高の時間でした!」と語った。

■柴咲コウ撮影エピソード

柴咲は大のビール好きとのことで、自然で嬉しそうな表情を引き出すことができた。飲むシーンも注ぐシーンも完璧にこなし、撮影中も終始大好きなビールを存分に楽しんでいる様子だった。家を舞台にした撮影で、広いテラスにグリーンがあったり、大きなキッチンカウンターがあったりと、本人としても、「理想的な家の中で、『ザ・プレミアム・モルツ』を愉しむ最高の時間を撮影できました!」と語っていた。