3月3日に放送された「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ系)に、相席スタート(山﨑ケイ、山添寛)、岡野陽一とその後輩・吉住、ザ・マミィ(酒井貴士、林田洋平)がゲスト出演。相方の山﨑から130万円借りている山添、消費者金融5社から計300万円も借りている酒井、そしてあらゆるツテをたどってあちこちから計1200万円も借りている岡野と、罪悪感を抱かず借金を繰り返している“クズ芸人”を更生すべく、相方や後輩が評論家陣に相談した。

借金を“絆”、ギャンブルを“夢追い”と称し、相方との「絆を深めてるだけの話なので」とひょうひょうと語る山添のようすに、NSCの同期であるEXITのりんたろー。は「僕がお笑い辞めそうになったときも、その僕を引き留めてくれて、お笑いってこんなに楽しいんだよって。だから今の僕があるのはホント、山添君のおかげぐらいなんですよ!そんなにアツくてお笑いにもすごく真人間なのに、めちゃくちゃ金借りるんで怖いんすよね」とおののいた。

りんたろー。はさらに、「女芸人No.1決定戦 THE W 2020」(日本テレビ系)で優勝した吉住の賞金をたかりにいくほどの岡野が、EXITのYouTubeチャンネルに出演してもらった際のギャランティを断固として受け取らなかったことも告白。「この1万(円)受け取らん感じ、なんなん!?と思って」といらつくりんたろー。へ、岡野は「EXITに関しては、目先の1万をもらうよりも貸しにしといた方が、後で金が入ってくるんじゃないかなと」と臆面もなく理由を明かした。

楽屋の弁当を持ち帰って両親に売る、アルコール消毒した手のアルコール臭を嗅いでから水を飲むなど、とんでもないエピソードに事欠かない酒井にいたっては、借金をしたおかげで「楽しかった思い出がいっぱいあるんですよ。そういう意味では、僕はむしろ利息は払いたいし、死ぬまで払い続けていこうと!」と得意げに語り、明石家さんまに「払いたいちゃうねん、払わなあかんねん、アホ!(笑)」と一喝される始末。

悪びれずに借金を繰り返し、自己弁護を押し通すものの、具体的な返済プランはない3人に、評論家陣は唖然呆然。「キングオブコント(の優勝賞金)で一撃(返済)」「相方にネタがんばっていただいて」とどこまでも他力本願な酒井に、評論家が返済可能性がないままに借金した場合は詐欺罪に該当する可能性を示唆したところ、相方の林田が「でもそれに関しては、獲れ…獲れます!譲れないです、そこは!!」と男を見せてスタジオを沸かせた。

すると評論家陣も、罪悪感や不安にさいなまれている人間は自分を守るために理屈っぽくなる傾向があると解説した上で、3人が罪悪感から目をそらしてはいるものの、良心を完全に失うには至っていないのではと歩み寄り。金を貸すという行為は相手との関係を続けたい気持ちの表れでもあるため、自分を思いやってくれる人たちを傷つけないことを返済のモチベーションにするようアドバイスした。

SNS上でも「クズが過ぎる」「笑顔がものすごくうさんくさいw」「ここまでくると清々しくて笑けるわ」などと好悪さまざまな意見が相次いだが、林田がTwitterに投稿した「キングオブコント獲らないと酒井さんが詐欺罪になる可能性が浮上しましたのでより気張ります!(本文抜粋)」という宣言には注目が集まり、視聴者からの応援メッセージも寄せられている。