竹内涼真主演ドラマ「君と世界が終わる日に」(毎週日曜夜10:30-11:25、日本テレビ系)の第8話が、3月7日(日)に放送となる。

本作は、日本テレビとHuluの共同製作によるサバイバルラブストーリー。恋人・来美(中条あやみ)へのプロポーズ直前、トンネル崩落事故によって閉じ込められた響(竹内)が命からがら脱出すると、そこに広がっていたのは“終末世界”。荒れ果てた街並み、おびただしい数の遺体、そして街をさまよう“生ける屍”たち…。街に人の姿はなく、来美も失踪。響は来美が生きていると信じ、未知の脅威が潜む“終末世界”での生き残りを誓う。

竹内演じる響は、高校時代からの恋人と同棲中で、彼女にプロポーズを決意したその日にトンネル滑落事故に巻き込まれてしまう。響は急いで恋人・来美(中条)と住むアパートに向かうが、来美の姿はなかった。

響は、来美を探し出すため町に繰り出す。そんな響とともに、“終末世界”を生き抜こうとする警察官・等々力比呂(とどろき・ひろ)を笠松将、どこか冷めたところのある女子大生・柊木佳奈恵(ひいらぎ・かなえ)を飯豊まりえ、引っ越し業者・甲本洋平(こうもと・ようへい)をマキタスポーツがそれぞれ演じるほか、安藤玉恵、横溝菜帆、滝藤賢一らが出演する。

■第8話あらすじ

ミンジュン(キム・ジェヒョン)がゴーレムに噛まれたのは“女”に刺された傷が原因だったと知った響(竹内涼真)は、“女”の正体が来美(中条あやみ)だとは知らずに、憎しみを募らせていた。仲間たちもまた、ミンジュンを失ったことで復讐心に駆られる。

一方、駐屯地にはゴーレムが侵入し、生存者が激減。首藤(滝藤賢一)を裏切り、冷凍保存装置の中にワクチンが存在しないことを知ったジアン(玄理)は、駐屯地の一室に幽閉されていた。ワクチンの代わりに冷凍保存装置の中にあったものとは一体何なのか。

そんな中、駐屯地で結成された自警団は、安全な場所を求めて駐屯地外への調査を始める。そして、首藤がワクチン開発に尽力していると信じる来美は、首藤への信頼をますます厚くしていた。

償いのため、自分の体を使った臨床実験を進める来美。そんな来美の心の傷を目の当たりにした等々力(笠松将)は、思わず来美を抱きしめる。

響は仲間たちと生き残るため、まだゴーレムが発生していない島を協力して守ることを坪井(小久保寿人)に持ち掛ける。冷静を装い、淡々とやるべきことをこなす響。

しかし、来美を忘れようと誓ったその心は復讐の怒りに支配されていた。響を心配し、思いを募らせる佳奈恵(飯豊まりえ)は、寝ている響に思わずとある行動を取ってしまう。

翌日、島に見慣れないゴムボートが接近。乗っていたのは駐屯地から偵察に訪れた等々力だった。首藤の下につき、島を明け渡せと迫る等々力に、響は激しい怒りを爆発させる。

その頃―。駐屯地では帰りの遅い等々力を案じて、自警団のメンバーが再び島を目指す準備を始めていた。その中には、来美の姿も。響と来美、二人の運命の歯車が再び動き出そうとしていた…という物語が描かれる。

「君と世界が終わる日に」第8話は、3月7日(日)夜10:30-11:25、日本テレビ系で放送予定。