“動物園系アイドルユニット”キャンディzooが3月8日、東京・新宿BLAZEで「キャンディzoo7周年記念ワンマンライブ-7福獣巡り-」を開催した。

2020年1月にホッキョクグマ担当・仲原芙海(ふーみん)、トラ担当・橋本りょうか(りょうか)に加え、新メンバーのパンダ担当・雅城くるみ(くるみん)、うさぎ担当・叶井みるか(みるか)、フラミンゴ担当・木南むぎ(むぎちゃん)、コアラ担当・妃咲ななか(なあちゃん)の加入、さらにペリカン担当・菅谷夏子(かこちゃん)の復帰で現在の7人体制となったキャンディzoo。

当初、2020年5月の開催を予定していた今回のライブ。その後、2度にわたる延期を経て、開催を迎えた「7周年記念ワンマンライブ」は、7人体制発足時に発表された「あにまるLOVE・ワンダーランド(※・は白ヌキハート)」で元気に開幕。

仲原が「皆さん、ワンマン始まったばっかりですが全力でいっぱい踊ってください」と呼び掛け、「アニマルパラダイス」でテンションを上げると、次はロックチューンの「アニマルライオット」で格好良さを見せつける。

MCでは、「やっとやっと、ワンマンライブの日を迎えることができました! 2度の延期があったんですけど、こうやって皆さんの前でライブができることが、すごいうれしいです」と笑顔を見せる仲原。

菅谷は「今日は、皆さんが待ってくださっていた日だと思うし、私たちもずっと楽しみに待っていたので、最後倒れてもいいくらい全力で頑張りたいと思います!」と意気込みを明かす。

そして、雅城が「私たちと一緒に楽しい時間を、元気いっぱい過ごしていきましょう!」と声を上げると、元気のなさそうな動物たち(着ぐるみ)がステージに登場。そんな動物たち(着ぐるみ)を元気づけるため、ファンも巻き込んで「ズーズーエクササイズ」を全員で踊ることに。

全員でダンスエクササイズを展開した後は、元気になった会場に「恋とClover」で青春の甘酸っぱさを思い出させ、「マーメイドラグーンファンタジー」「アニマル☆ミラクルHere we zoo!」でライブ前半戦を駆け抜けていく。

橋本のくしゃみが治まるのを待って、菅谷の「キャンディzooの7人と、ファンの皆さんの新しい未来に向かった曲を歌いたいと思います」という言葉から、「zooっとワン!daフォーライフ」「Balloon Drive Over The Chocolate City」で後半戦がスタート。

2016年に初披露された懐かしい楽曲でファンの心を刺激し、青春を歌った「アオイハル」では“エモさ”を演出。そして、「ホライズンブルー」「声」「GOGO☆ダイナソー」「Star Dreamer!!」という、おなじみの楽曲をノンストップで歌い上げ本編を終えた。

■メンバーそれぞれが、2度延期になったワンマンライブへの思いを語る

アンコールでは、まず仲原が「2度も延期があって、それで緊急事態宣言の延長もあって、どうなるかな?って不安だったんですけど、こうやって7周年記念という大事なワンマンライブを行えたことが、すごいうれしいです! そして、この7人で迎えたワンマンは初めてで、こんなにたくさんのファンの人が集まってくださったおかげで、良い景色が見られて、すてきな時間になりました」とあいさつ。

さらに、「この新宿BLAZEは、私がキャンディzooとしてステージデビューをした場所なので思い出があって、そのときもBLAZEでお披露目できることに驚いてうれしいと思ったのが、今では自分たちのワンマンライブができるステージになったっていうのにビックリです。これまで支えてくれたファンや関わってくれた人、メンバーに感謝したいと思います。本当に、今日はありがとうございました!」と感謝を伝えた。

橋本は「延期になったワンマンライブの会場が新宿BLAZEに変わるっていうのが、とにかくうれしくて驚いたんですけど、延期で『あぁ、また無理だ…もう、なくなるんじゃないかな』とか思ったんですよ。結構不安だったんですけど、今みんなの顔を見られてるし、何より最初に出てきたとき、みんながペンライトを持ってカラフルにしてくれてるのを見て、『こんな景色が見たくてアイドルやってたんだな』っていうのを思うとうれしくて。7人で1年数カ月、頑張ってこられて、このワンマンライブは誰も欠けてほしくなかったので、それがかなったのがすごくうれしいです」と心境を吐露。

また橋本は、雅城、叶井、木南、妃咲が先日、グループからの卒業を発表したことにも触れ、「この皆さんとの時間が、卒業する4人にとってアイドルの思い出の1ページになればなって思います。楽しい空気作りをしてくださって、本当にありがとうございます」と話す。

この時点で、すでに泣き出しそうな表情の雅城は「私たち4人にとっては初めてのワンマンライブで、不安もたくさんあったし、延期になっちゃうしで『どうなるんだろう?』って思ってたんですけど、キャンディzooだけを見にきてくれた方がこんなにたくさん集まってくれて、本当にうれしくて。始まったときは楽しくて、『今日は泣かないかも?』と思ったんですけど、ダメでした…『この光景、絶対に忘れないぞ!』って思います」と、泣きながらもコメント。

叶井は「私はコロナや受験で活動休止期間が長くて、2回目の延期が決まったときも受験の何日か前とかで、メンタルを結構やられてて。『ワンマン、出られないかも』って、ずっと思ってて…。『ここにいて、いいのかな?』とか、迷惑ばかり掛けちゃって申し訳ないなって思ったので、こうして大きな会場で、7人でワンマンライブができて本当にうれしいし、素晴らしい光景が見られて幸せです!!」と明かす。

妃咲は「本来だったら去年の5月に行われるはずだったワンマンライブなんですけど、2回延期してしまって、できるか分からない、中止になっちゃうかもしれないって思ってたから、今日できて良かったなって思います。延期したから出会えた人もいると思うので、プラスに考えると今日で良かったのかなっていう気もするし、(去年の)5月だったら会えた人もいるかもしれないんですけど…。あと、お花(フラワースタンド)が奇麗で、7人っていう感じがして良かったです! 本当に、ありがとうございました」と感謝。

木南は「今日は、開催できたことと皆さんの笑顔がたくさん見られたことが、本当にうれしいです! キャンディzooに加入して1年ちょっとたつんですけど、入ってすぐにこういう状況になってしまって。ワンマンライブも2回延期したし、不安なときもあったんですけど、ここまで前を向いて活動できたのは支えてくれたメンバー、関係者の方、応援してくれてる皆さんのおかげだなって思います。BLAZEとか、今まではお客さんで見てる側だったんですけど、ステージの上からすてきな景色を見ることができて、本当にキャンディzooでアイドルになれて幸せだなって思いました」と、途中から号泣しつつ自身の気持ちを伝える。

そんな後輩メンバーたちの言葉を聞いて、「この7人になって、すごくいろんなことがあって。全員がつらい思いをした時期があったし、悩んだ時期もあったと思うんですけど、こうやって今みんなの感想を聞いて、アイドルで良かったって言ってくれたり、今日のこの景色がうれしいって言ってくれたことが、私はすごくうれしいです」と喜ぶ菅谷。

「みんなが入ってきたとき、『キャンディzooに入って良かった』って感じてほしいなって思いながら活動してきて、でも言わなきゃいけないことがあったりして、心苦しいときもあったけど、みんながちゃんと受け止めてくれて。私も全然、先輩なんてできてなかったと思うんですけど、みんなが私を先輩にしてくれて…」と振り返る。

最後に、菅谷は「楽屋が明るくて、スタッフさんやファンの方に『この7人、良いね!』って言っていただけてた7人なので、それが終わっちゃうのは悲しいですけど、1つの思い出として今日、皆さんにすてきな景色を見せていただいて、私もうれしいですし、メンバー全員が感謝しています。いろいろなことがあっての今日だったので、不安なところとかもあったけど、全員が笑顔でライブできたことが私はうれしかったです!」と明るく話した。

メンバーのあいさつが終わり、「僕らのうた」「Beautiful Days」という感動を誘う2曲を歌唱。そして、動物たち(着ぐるみ)が再び登場し、「アニマル☆ミラクルHere we zoo」の“with どうぶつさん ver.”で楽しくワンマンライブを締めくくった。

■「キャンディzoo7周年記念ワンマンライブ-7福獣巡り-」セットリスト

M1:あにまるLOVE・ワンダーランド(※・は白ヌキハート)
M2:アニマルパラダイス
M3:アニマルライオット
M4:ズーズーエクササイズ
M5:恋とClover
M6:マーメイドラグーンファンタジー
M7:アニマル☆ミラクルHere we zoo!
M8:zooっとワン!daフォーライフ
M9:Balloon Drive Over The Chocolate City
M10:アオイハル
M11:ホライズンブルー
M12:声
M13:GOGO☆ダイナソー
M14:Star Dreamer!!

EN1:僕らのうた
EN2:Beautiful Days
EN3:アニマル☆ミラクルHere we zoo withどうぶつさん

(2021年3月8日 東京・新宿BLAZE)