3月8日放送の「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(テレビ朝日系)にマヂカルラブリーがゲスト出演し、千鳥からもらった“金言”について明かす場面があった。

マヂカルラブリーは2020年の「M-1グランプリ」で王者となったが、初めて決勝進出を果たしたのは2017年の大会。2017年の時は審査員の上沼恵美子から「よう決勝残れたな」と酷評され、得点は700点満点で607点という低水準。決勝ラウンドは最下位という結果に終わり、野田クリスタルは当時の気持ちを「正直、M-1の決勝で僕らウケることねえだろうなって思ったんです。もう漫才やれねえな、ぐらいまでいきました」と告白する。

その後、M-1決勝進出のおかげでテレビ出演が増えたものの、先行きに大きな悩みを抱え続けていたマヂカルラブリー。野田と相方の村上は「漫才をやり続けるか、漫才をあきらめてコントだけやるか」と揺らいでいたが、そんな2人の支えになったのが先輩の千鳥だった。

千鳥はマヂカルラブリーに「変えるな、変えるな。そのままやれ」と声をかけてくれたという。養成所出身の芸人も多い中、マヂカルラブリーは養成所を経ずにお笑いの世界に飛び込んでおり、野田は「千鳥さんもNSCじゃなかったんです」と説明。

村上も「(千鳥はM-1の)最下位も2回とってる。めちゃくちゃ気持ちをわかってくれる方だった」と付け加え、自分たちと千鳥の境遇を重ね合わせつつ、千鳥からのアドバイスに感謝の気持ちを示していた。

放送終了後のネット上には視聴者から「浮き沈みがあってのM-1優勝って感動的」「苦しい時期に支えてくれる先輩はありがたい存在ですね」といったメッセージが書き込まれていた。

次回の「しくじり先生 俺みたいになるな!!」は3月15日(月)放送予定。