人生をかけて世界一を目指す格闘家の卵たちを追う、格闘オーディション番組「格闘DREAMERS」が、テレビ&ビデオエンターテインメント「ABEMA(アベマ)」で3月13日(土)夜9時より独占配信スタートする。LDHのチーフ・クリエイティブ・オフィサーとして、数多くのプロジェクトを手掛けてきたEXILE HIROが発起人となる“格闘家育成プロジェクト”の一端として、ダイヤの原石を発掘し、育成する。

“格闘家育成プロジェクト”とは、LDHのグループ会社で、トレーニングジムの展開や格闘技イベントを手掛けるLDH martial artsが、夢を追う格闘家を募集し、育成していく新たな企画。LDH所属の総合格闘家で元DREAMフェザー級世界王座の高谷裕之と、世界最高峰の総合格闘技団体UFCで当時日本人第1号となったタイトル挑戦の実績を持つ岡見勇信を中心に、世界の頂点を夢見るダイヤの原石を発掘・育成している。

今回の番組「格闘DREAMERS」では、「世界チャンピオンになる」との大志を抱き、プロの格闘家として大成することを夢見る、まだなにものでもない若者たちにスポットを当てている。彼らの中には、父親からのDVに苦しんで育った者、レスリングにて東京五輪代表の出場枠を争った者、高校ボクシングで6冠を掴んだもの、ラグビー全国大会/通称「花園」で優勝を果たしたアスリートの姿も。そんな潜在能力溢れる彼らを、番組では「DREAMERS」と呼び、「DREAMERS」が番組を勝ち抜いてLDH martial artsとの契約を勝ち取るまでのプロセスに完全密着。番組参加のオーディションには、200通を超える応募が殺到した。

なお、夢を追う若者たちを応援し導くナビゲーター兼サポーターとして、GENERATIONS from EXILE TRIBEより数原龍友、白濱亜嵐、関口メンディーの3名、THE RAMPAGE from EXILE TRIBEよりRIKU、LIKIYA、陣、神谷健太、武知海青の5名の出演も決定。参加メンバーを時に励まし、時に諫め、若者たちとともに切磋琢磨する。本番組参加に際し、数原は「ほかのオーディションとはわけが違うので。“本物の男”に出会いたいなって思います」、RIKUは「いろんなミラクルが起きるんじゃないかって思ってます」とコメント。

また、オープニング・テーマ曲はTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEの新曲「TOP OF THE TOP」、エンディング・テーマ曲は、GENERATIONS from EXILE TRIBEの「DREAMERS」に決定。参加メンバーたちの背中を押すような応援ソングが番組をさらに盛り上げる。

※高谷裕之の高、正しくははしごだか