田中れいな主演舞台「剣が君-残桜の舞-」が6月2日(水)〜6日(日)、東京・こくみん共済 coop ホール/スペース・ゼロでの公演が決定した。

Rejetによる和風伝奇アドベンチャーゲームを原作とした本作は、2020年7月に初演を上演。キャストの熱演、世界観の再現で原作ファンからも高い評価を受けていた。再演となる今回は一部キャストを変更し、新たな歌の追加などが行われる。

舞台化で田中が演じるのは、主人公の香夜(かよ)。江戸城にて伝説の名刀“天下五剣”を賭けた「剣取り御前試合」が開かれる時期、料理茶屋の娘だった香夜は、幕府の依頼で姫の影武者として花嫁行列を演じることになる。

香夜の護衛をする6人の侍には、櫻井圭登(九十九丸役)、反橋宗一郎(螢役)、秋沢健太朗(黒羽実彰役)、谷佳樹(縁役)、田中稔彦(鷺原左京役)、杉江大志(鈴懸役)といった2.5次元の人気俳優が名を連ねている。

公演は全9回。本編中にはメインキャラクター6名(九十九丸、螢、黒羽実彰、縁、鷺原左京、鈴懸)の日替わりルートが2シーン存在し、それぞれで該当キャラクターをフィーチャーしたストーリーが描かれる。

「剣が君-残桜の舞-」は2021年6月2日(水)〜6日(日)、東京・こくみん共済 coop ホール/スペース・ゼロにて上演。一般チケット販売に先駆け、3月11日より、最速先行販売(抽選)の申し込みが開始される。

■ 姫の影武者となる香夜。幕府の思惑とは?

1633年。妖怪を滅する力を持つ伝説の刀“天下五剣”を授かる「剣取り」こそが武士道(真の侍)と称賛される時代。
各地では「剣取り御前試合」が開催され、強者が次々と名乗りを挙げていった。

御前試合で一番刀になった侍には、官や称号、望むがままの褒美が与えられ、そして、“天下五剣”である鬼丸国綱、童子切、大典太、三日月宗近、数珠丸を授けられるのであった。

時は早春。江戸城で剣取り御前試合が開催される季節となり、全国から名声や富を求める若者達が江戸に集まっていた。

そんなある日、江戸に暮らす料理茶屋の娘・香夜は、うり二つだという久姫の代わりに偽の姫として花嫁行列を演じることとなる。

駿府城を目指す東海道の旅。護衛となった6人の侍たちとの数奇な運命が幕を開けた。

身命と等しき、この剣 君が為に振るう。