3月16日(火)にいよいよ最終回を迎える、藤原竜也主演のドラマ「青のSP(スクールポリス)―学校内警察・嶋田隆平―」(フジテレビ系)。藤原演じる捜査一課の刑事で、赤嶺中学のスクールポリスを務める嶋田隆平が、学内で起こる問題を解決しながら、かつて同中学校に務めていた恋人・小川香里(明日海りお)の死の真相を追い続けていた。これまで、SNSトラブル、薬物疑惑、盗撮事件、マタハラ、セクハラなど、数々の事件が起こり、国語教師の浅村(真木よう子)と反発し合いながらも、共に問題を解決してきた嶋田。いよいよ最終話では、小川香里の死のきっかけとなった事件の真相が暴かれる。

この作品のなかで、嶋田に学校内の情報を集める重要な役どころの一人・真田一樹を演じているのが中川翼。第1話では教師に椅子を投げつけて逮捕された真田だが、少しずつ嶋田に信頼を寄せ、今ではすっかり嶋田を手助けする存在に。

そんな真田について、中川は「もしかしたら最初から気になる存在だったのかもしれないですけど、情報収集の協力をするうちに、だんだん嶋田さんを好きになっていった気がします。身近なところに嶋田さんのような頼れる大人人がいるということは、真田にいい刺激を与えたのではないかな?と思います」とニッコリ。

また、中川は、2016年の映画「僕だけがいない街」で藤原竜也演じる主人公の少年期を演じ、今作で映画以来4年ぶりに藤原竜也と再会。当時よりも身長が30cmも伸びていたこともあり、最初は「会ったことあったっけ?」と言われたそうだが、あらためて挨拶すると「ああ、あの時の! 大きくなったね」と感心されたそう。

役者の大先輩として、藤原は「唯一無二の存在だと思います」と明かす中川。今回の共演では、「テレビで画面越しに見ていてもアクションの迫力をすごく感じたので、藤原さんのようにアクションができるようになりたい。(その技術を)盗めるなら盗みたいです!」と意欲満々。

そして、3月に中学を卒業する中川。実際に真田と同じ中学3年生として、もし学校に嶋田(=スクールポリス)がいたら…と聞くと、「ドラマを通して考えると、スクールポリスはいない方がいいのかもしれないですが、いてくれると安心感があるし、いてもよいのかな?と思います。それが、嶋田さんだったら人気が出そうですよね。怖いけど、本当は優しいので。そして危険なことから守ってくれるから、大人として惚れるというか」と役を経て感じた、今作のスクールポリスの存在意義を教えてくれた。

最終話では、いよいよ嶋田が追い求めてきた恋人の死の、本当の真実が明らかに。見どころを聞くと「3年1組のみんながだんだん心を開いてきて、真田を含めて、嶋田さんに対する思いが変わってきていると思います。そんな生徒たちの変化を見てほしいです。事件の真相は秘密ですが、少しずつ正義感を持ち始める真田にもご注目ください」とアピールした。

■中川翼 インタビュー全文
――藤原さんに会ったのは4年ぶりだったそうですが、最初に会った時は驚かれたそうですね。

はい。挨拶に行ったら、最初は僕が誰か分からなくて、「会ったことあったっけ?」と言われました(笑)。それで「『僕だけがいない街』で同じ役をやらせていただきました」と言ったら、「ああ、あの時の! 大きくなったね」って。身長は小学校の時に一気に10cm伸びて、気付いたら30cm伸びていました。

――「青のSP」で演じた真田は第一話で大暴れでしたね。

まず、椅子を投げる練習をしたので、みんなと仲良くなることよりもその練習が大変でした。藤原さん(演じる嶋田)に捕まるシーンはアクションもあったのですが、暴れる芝居もアクションもあまり経験したことがなかったので…。
投げる力が弱くて、アクションの現場監督さんに「もうちょっといけるよ!」と言われながら、何度も練習しました。椅子の脚が曲がるぐらいまでやりましたが、力不足を感じました。普段使わない珍しい筋肉を使ったので、翌日も撮影だったのですが、全身筋肉痛で大変でした(笑)。でも、とても貴重な体験ができました。

――真田は最初はキレやすい少年でしたが、嶋田に逮捕されてから大きく変化しました。すんなりと演じることはできましたか?

そうですね。ヤンチャ3人組としていつも一緒にいるクラスメートの西田役の池田優斗くんと市原役の奥智哉くんの2人についていったら、自然と変化していくことができました。2人の存在は大きかったです。

――その後、真田はクラスメートの翔子(吉柳咲良)と共に、嶋田の協力者になりますが、藤原さんとはいろいろ話せました?

はい。3人のシーンの撮影の時は「今日、何で(何を使って)来たの?」と聞かれて、毎回驚かれてました(笑)。ロケ地が千葉県だったので、電車でもバスでも2時間ぐらいかかる場所で、その話をしたら、「マジで!?」と驚かれて。それから、一緒のシーンがある日は、まずは「今日何で来たの?」が挨拶みたいな感じになって、毎回「マジで!?」と驚かれてました(笑)。

――嶋田の魅力はどんなところだと思いますか?

嶋田さんが学校にいたら人気が出そうですよね。怖いけど、本当は優しいので。危険なことから守ってくれるから、大人として惚れるというか、みんなが寄っていきたくなるところが魅力だと思います。

――もし、学校にスクールポリスがいたらどう思います?

オーディションの時にも同じ質問をされたんです。その時はよく分からなかったので、「怖い。緊張して、今まで通りの学校生活が送れないと思う」と答えました。ドラマを通して考えると、いない方がいいのかもしれないですが、いてくれると安心できるので、いてもよいのかな?と思います。赤嶺中学校ほどの事件は実際には起きないと思います(笑)。

――存在感や目力、お芝居の迫力など、藤原さんのお芝居にはさまざまな魅力があると思いますが、盗めるなら盗みたいところは?

藤原さんの魅力は、唯一無二のところだと思います。今作で感じたのは、第1話で真田が逮捕された時の、藤原さんのアクションの迫力です。他の回のアクションはテレビで見たのですが、画面越しでもすごく倒されたので、藤原さんのようにアクションができるようになりたいですね。盗めるなら、盗みたいです(笑)。将来的にアクションはやってみたいです。

――劇中では、いろいろなことが起こりましたが、一番印象に残っているシーンは?

第6話で、僕と翔子が嶋田さんと話しているときに、飛んできたバレーボールから翔子を守って、「キュンとした?」と聞くシーンです(笑)。ボールはスタッフさんが飛ばしてくれたんですけど、なかなかいい位置にこなくて、10テイク近く撮ったんです。だから、うまくボールが飛んできた時は「撮れた!」とうれしくて。すごく印象に残っています。

――確かに、生徒の恋愛はほぼ描かれなかったので、真田と祥子は唯一恋を匂わせる関係でしたね。真田と嶋田の距離も縮まり、嶋田の味方のようになってきているように見えます。

嶋田さんのことは、もしかしたら最初から気になっていたのかもしれないですけど、学内の情報収集に協力するうちに、だんだん嶋田さんを好きになっていった気がします。身近なところに嶋田さんのような頼れる大人人がいるということは、真田にいい刺激を与えたのではないかと思います。

――では、「青のSP」最終回の見どころを教えてください。

台本をもらうたびに事件がどう解決されるのか、どんな展開を見せるのか推理しながら読んでいたんですけど、毎回裏を突いてこられて、最終話でもそっち!?って思いました(笑)。最終回では3年1組のみんながだんだん心を開いて、真田を含めて、嶋田さんに対する思いが変わってきています。そんな生徒たちの変化をみてほしいです。事件の真相は秘密ですが、少しずつ正義感を持ち始める真田にもご注目ください!

――最後に、今年初主演の映画「光を追いかけて」が公開されます。こちらは2019年の13歳の時に撮影したそうですね。

主演映画といわれても実感が湧かなくて、それよりも撮影で秋田に1カ月ぐらい行くことになっていたので、そっちの方が緊張というか、どうしようと思っていたんです。家を1カ月も離れるのが初めてだったので。でもいざ秋田に行ったら、1カ月があっという間に過ぎてしまって、楽しかったという思い出しかありません。秋田では親子丼がとてもおいしくて! 僕、鶏肉が大好きなのですが、その親子丼は比内地鶏が使われていて、1カ月の間に5回ぐらい食べました(笑)。
それから、ロケ地は自然がどこまでも広がっている場所で、すごく気持ち良くて。その景色は映画で映し出されていて、秋田の魅力がたっぷり伝わると思いますので、こちらもぜひ見てください!

取材・文=及川静