3月15日放送の「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(テレビ朝日系)に薄幸(納言)がゲスト出演し、高校時代の退学エピソードを明かした。

この日の放送で先生役を務めた幸は「高校入学から退学を食らうまでの期間が5カ月」と告白。農業高校へ進学したものの退学になってしまった“しくじり”について「大人に反抗して目立つのがカッコいいと思っていた」と打ち明けた。

入学から1カ月、学校をサボってテーマパークへ遊びに行った幸を待ち受けていたのはいきなりの停学処分。さらに、タバコを吸ってもいないのに先生の前でわざとライターを落とすなど、その後も変な形で反抗心がエスカレートしてしまったという。

やんちゃな幸が学校側から退学勧告を受けたのは、先生が栽培していたトマトを食べてしまったのが原因だとか。通っていた農業高校では「リンゴを盗む、ブタを蹴る」などの行為は厳罰と決まっていたため、トマトを勝手に食べた幸は先生から「お前もう退学だよ」と言い渡される結果に。

幸は「ウワサで聞いた話なんですけども、プチトマトだったら停学」と笑わせつつ、過去の自分の行動を反省していた。また、高校退学後は荒んだ生活を送っていたが、さまぁ〜ずの存在が芸人を目指すきっかけだったと明かした幸。昨年、芸歴10年目で初めてさまぁ〜ずとの共演を果たしたが、幸はその時のことを「泣いちゃった…。夢が叶ったと思って。頑張った甲斐があった」と、感慨深げに語っていた。

放送終了後のネット上には視聴者から「十代の頃ってこういう反発心ってみんなあるもんね」「トマトで退学って厳しすぎんか」「芸人になって憧れのさまぁ〜ずと共演って、ちょっと感動的」といったメッセージが書き込まれていた。

次回の「しくじり先生 俺みたいになるな!!」は3月29日(月)放送予定。