今夜最終回を迎えるドラマ「にじいろカルテ」(テレビ朝日系)。笑いあり、涙ありのストーリーもさることながら、その舞台となる「虹ノ村診療所」で働く主人公で内科医の紅野真空(高畑充希)、外科医の浅黄朔(井浦新)、看護師の蒼山太陽(北村匠海)の息の合ったやりとりも注目を集めている。
本編の撮影は昨年12月に終了しているものの、その後も連絡を取り合っているという3人。撮影中の現場の様子や最終回の見どころも教えてもらった。
■3人のシーンになると、「にじいろカルテ」の現場だって感じるようになりました(北村)

――今作の撮影で今でも印象に残っているエピソードはありますか?

高畑「いろんなことがありすぎて……。何でしょう?」

井浦「何だろうねぇ」

――先週放送の第8話では、太陽(北村)のサプライズパーティの様子が描かれました。

北村「たくさん泣いた回でしたね」

――真空先生と朔先生の二人羽織も。

井浦「そうだ、そうだ」

高畑「それで思い出したんですけど、“セクシーシーン”になると新さんのテンションが高くなって(笑)」

井浦「うん(笑)」

高畑「新さんがノリノリで演じることによって、スタッフのテンションも上がっていました(笑)」

北村「でも、新さん、充希さんに1回本気で怒られてて」

高畑「そうだっけ?」

北村「楽しみ過ぎです、って(笑)」

井浦「言われたね〜(笑)」

高畑「私、怒ったかも(笑)。何か、私までテンションがよく分からなくなってきちゃって」

井浦「そうだよね(笑)」

高畑「ドラマが完成したときにちょっと恥ずかしい感じになっているんじゃないかって、オンエアされるまで怖かったのを覚えています(笑)」

――撮影が始まった当初は、監督の演出が“斬新”というお話をされていましが、回を追うにつれて変化はありましたか?

井浦「完全に変化していましたね」

北村「この3人のシーンになると、これこそ『にじいろカルテ』の現場だって感じるくらいになっていました」

井浦「もはや監督の演出を欲してたよね(笑)」

北村「しかも、後半になるにつれて3人のシーンが意外とサラッと終わるようになっていったんです。長回しで撮るのかなと思ったら、『はい、終わりです』と言われて、もう終わっちゃった……って」

――それは3人の息がぴったり合っている証拠でもあって、いいことでもあるのでは?

北村「そうなんですけど、でも、もっと撮ってもいいんじゃないですか?って思うときはありました(笑)」

井浦「思っちゃうよね。もっとやっていたい、みたいな」

北村「撮影の終盤はそういう寂しさも感じながら演じていました」

――高畑さんもそういった心境の変化を感じられましたか?

高畑「そうですね。撮影の序盤は監督からどんな球が飛んでくるか分からなかったのでヒヤヒヤしていましたけど、そのうちに球が飛んでくることに安心するようになっていきました。あと、それこそ最初の頃は監督の演出以外に、お二人(井浦と北村)が結構人見知りな方たちだったので、どうなることかとも思っていました(笑)」

――人見知りでなかなか話せないという感じですか?

高畑「私の方から話し掛けると話してくださるんですけど、お二人とも自分からは積極的にお話しされるタイプではなくて。このドラマはこの3人のチームワークに掛かっている気がすると思っていたので、どうしようと思っていたんです。でも、撮影が始まってから割と早い段階で、監督からの意外な演出を一緒に乗り越えたという一体感も含めて、3人の間にギュッと連帯感が生まれた瞬間があって。そうなってくると、3人のシーンでどうなるか分からないときもお互いを信頼して演じられるというか。自分が崩れても2人が立て直してくれるみたいな感じで、撮影が進むごとに安心して頼りながら演じることができました」

■僕の周りはみんな「匠海くんっていい人だね」と言ってました(井浦)

――3人の間に連帯感が生まれていく中で、それぞれの役について話すこともありましたか?

高畑「現場では3人でずっと話していましたけど、役の話とかはあんまり……。というか、真面目な話をほとんどしてなかったかも(笑)」

井浦「3人で役を掘り下げるとか、イメージを決めて撮影に臨むとか、そういうことをしても意味がない現場だったので(笑)。それよりも、監督からの意表を突いた演出に対応できるように、常に3人がフラットな状態でいることの方が重要でした」

――撮影中はどんな話をされていたんですか?

高畑「3人ともフィルムカメラが趣味なので、撮り合ったり、現像したものを送り合ったりしていましたね」

北村「僕ら3人だけじゃなく、結構フィルムカメラを持っている人が多い現場でしたよね」

井浦「そうそう。だから、現場に入ると、みんなお互いのカメラをチェックしたりして。面白かったですね」

高畑「とても平和な現場でした」

――撮影終了後も連絡を取り合ったりしているんですか?

高畑「そうですね。今はこういう状況なので、みんなでご飯に行くとかはできないんですけど、たまに誰かがテレビに出ていたりすると、今出てるよって連絡したり、脈絡もなく突然面白い動画が届いたり(笑)。撮影が終わっても繋がっているなぁと感じます」

――テレビに出ていると言えば、高畑さんと北村さんが出演された「芸能人格付けチェック! 2021年お正月スペシャル」(テレビ朝日系)も話題になりましたね。

井浦「僕も、2人が頑張ってるなぁって思いながら見てました。感想ですか? それは、まぁ、自分もいろいろやっちゃってる番組もあったので……(苦笑)」

高畑「人のことは言えない?(笑)」

井浦「そう(笑)。責められないなぁ、どうしようかなぁって(笑)」

高畑「いや、いいんです。オンエア以来、私はいろんな人からイジられているので(笑)」

北村「僕は一番イジれる立場に(笑)」

井浦「いるね(笑)」

高畑「収録した日から、先輩の弱みを握りましたって(笑)」

北村「今回、過去最高視聴率だったそうです」

高畑「そうなんだ!? でも、私のポンコツぶりが日本中にバレちゃった……。逆に匠海くんは株が上がったよね、絶対(笑)」

井浦「僕の周りも、匠海くんっていい人だねって、みんな言ってた」

高畑「そうなんですよ! も〜、先輩の失敗を踏み台にして(笑)」

北村「すみません(笑)」

■最終話では普通の恋愛ドラマにはないタイプのキスシーンがあります(高畑)

――それでは最後に、今夜の放送を楽しみにしている方へ、最終回の見どころやメッセージをお願いします。

井浦「これまでの1話1話、村で必ず何かが起きて、それをみんなで乗り越えてきて、もう最終回なんですよね……。とにかく僕らが現場で感じていたのは、それぞれの役を演じるためにものすごいカロリーを使うってことで。でも、それはイコール、1人1人が生命感に満ちあふれていることだと思うんです。そういうものがちゃんとドラマの中に投影されていたら、きっと(これまでドラマを見てきた)みなさんも満ちあふれて、優しい気持ちにもなってきているんじゃないかな、と。そんな中で迎える最終回ですが、最後まで見る人に元気を与え続けるドラマになっていると思います。そして、いい意味で期待を裏切れたら。言ってみれば、最初から普通のドラマじゃないですからね(笑)。きっと普通では終わらないと思うので、最後まで楽しんでいただければうれしいです。

――北村さんはいかがですか?

北村「ここまで見てくださった方には、半ば村人の一員みたいな感覚で、毎週木曜日の夜9時がホッとする時間になってくれていたらいいなぁと思います。最終話でも、これまで通りいろんなことが起きて、それをみんなが手を取り合って、泣いたり笑ったりしながら一生懸命生きていくっていう、このドラマの軸は変わっていません。最後の最後まで、温かい時間を過ごしてもらえたらいいなと思います」

――最後に高畑さん、お願いします。

高畑「最終話にはゲストで私の親友が登場します。なぜ最終話にしてゲストが出るんだろうって思っているんですけど(笑)」

北村「最終話は登場人物が多いんですよね」

高畑「それまではずっと村の人たちで物語が進んでいたのに、8、9話で急に人が増えてね(笑)。でも、そこで私の親友が出演してくれることになって、それが個人的にとてもうれしい出来事でした。また、見どころと言うと、普通の恋愛ドラマにはないタイプのキスシーンがあります。それも楽しみにしていただきつつ、最後まで温かい気持ちで見守ってください。よろしくお願いします」