3月25日(木)にスタートするドラマ「RISKY」(毎週木曜夜0:59-ほか、MBSほか)の完成披露トークイベントが17日に行われ、主演の萩原みのりに加え、宮近海斗(Travis Japan/ジャニーズJr.)、山下リオ、深川麻衣、古川雄輝が登場した。

同ドラマは電子コミック配信サービス・めちゃコミックで人気ランキング1位を獲得し、累計ダウンロード数1700万を超える人気漫画「RISKY〜復讐は罪の味〜」が原作。幼い頃に両親を失い、8歳上の姉に育てられたヒロイン・ひなた(萩原)が、唯一の家族だった姉の人生を狂わせた“女”に復讐(ふくしゅう)を仕掛けていく、スリリングで急展開な“ゾクキュン”ラブ・サスペンスだ。

3月17日にクランクアップを迎え、最速で1話のお披露目もあった同イベント。地上波連続ドラマ初主演、主人公・広瀬ひなたを演じた感想を聞かれ、萩原は「とにかく山場のような撮影でした。とてもハイカロリーで。撮影現場に行くのは楽しみなのですが、毎日『はぁ』という感じで、どっと疲れました。人の復讐は疲れます」と現場の過酷さを吐露。

美香(山下)の会社でアルバイトをする、謎に包まれた青年・浅井光汰役の宮近は「演じたことのないキャラで模索しました。今回、一肌脱ぎました! 世の中にお届けしたことがない宮近です。引き続き、一肌脱いだところをお楽しみに」とアピールした。

復讐劇にゾクゾクしながらもキュンとするドラマということから、“ゾクキュン”ドラマとうたわれている同作。イベントでは、キャスト陣が「最近“ゾクキュン”したこと」をテーマに1人ずつフリップに記入し、そのエピソードを明かしていく。

萩原は「ピアスを開ける動画を見る」と答え、文字通りYouTuberがピアスを開ける動画を見て、胸キュン漫画を読んだときと同じ気持ちになれると明かす。

一方、「ゲキコワ 振付師さんに…」とフリップを掲げ、「これ面白いと思います」と自らハードルを上げる宮近。「ジャニーズ事務所に“ゲキコワ”の振付師さんがいて、その方とリハーサルをしていたときに『おい! 宮近』と呼ばれて、ゾクっとしてびびっていたら、『おまえの右手の人差し指と左手の人差し指の長さ違うな』って言われたんです!」とゾクキュンを披露するも、報道陣の反応を見るなり「これ爆笑してくれるの萩原さんだけかも(笑)」と嘆いていた。

山下は「下着がなくなる」というフリップを掲げ、「洗濯をするとき、下着だけがなくなるんです。また回すとなくなっていて…不思議に思ってたら、私犬を飼っているんですが、ワンちゃんのプレートの中に下着が入ってたんですよ(笑)」とかわいらしいエピソードを語る。

深川は「真夜中に」と、恐ろしそうなフリップを掲げながら「真夜中、12時過ぎに玄関から物音が聞こえたんです。怖くて鍵穴をのぞいたら、知らない男の人が玄関の鍵をガチャガチャしていて…警察に電話して、怖くて閉じこもっていたら、警察の人が来てくれて。結果、その人は酔っ払いだったんです。大の字で私の玄関前に寝てたんですよ。それがゾクっとして、キュンというかホッとしました」と経験談を紹介。

最後は、古川が「昨日まで撮影だったんですが、崖のシーンがありました。立っているのもつらい状況、一歩間違えると落ちてしまう…それが僕のゾク!で、キュンは僕の役柄は女性陣全員と恋愛関係の役柄なんです。芝居上、キュンとさせられるシーンが多かったのでキュンにしました」と撮影現場のエピソードを明かした。

そして、萩原が「展開が盛りだくさんです! 漫画を読んでいるときに止まらなかったように、見る方も同じだと思います。原作ファンの方は、漫画とは違うエンディングが待ち受けているので、ぜひ楽しんでください」とアピールし、イベントを締めくくった。