大のkemioファンとして知られるジャニーズJr.の人気グループ・Travis Japanの松田元太。今回、満を持してkemioとの初のコラボが実現。「ViVi」(講談社)5月号では中面10ページの大特集&特別版の表紙を飾る、異例の大抜擢となった。

■声が届いた!夢の#けみげんコラボが実現

kemioが「ViVi」の表紙を飾るのは、水原希子と完全リモートでのセルフ撮影コラボ(2020年8月号)以来の2回目。松田はジャニーズJr.として初めて「ViVi」特別版で表紙を飾ったTravis Japanのメンバーであり、個人としても「ViVi」の「国宝級イケメンランキングNEXT部門」で連続ランクインするなど、注目のネクストイケメン。

取材の度に「いつかViViのkemioさんの連載に出たい」と、夢を語っていた松田。今回、kemioの帰国のタイミングと重なり「元太君の応援隊の方の声が届いたんです!」と、夢のコラボが実現。kemioの連載では初回の松村北斗(SixTONES)ぶり、2人目のジャニーズのゲストとなった。

■撮影現場では「仲良くなるために敬語やめよー!」

撮影の話をもらってすぐにお父さんとお母さんに電話した、という松田。家族みんながkemioファンでとても喜んでいたそうで、「今日のためほんとうに、1週間で5回美容室に行って整えてきたんです!」と気合い十分。

撮影では「イキッていく、ウチら」をテーマに、セットアップスーツやHIP-HOPテンション、お揃いジーンズのカジュアルなスタイルなど、3パターンの衣装でカッコよくキメる。心なしか緊張している松田を見て、kemioから「仲良くなるために敬語やめよー!」と声をかける場面も。少し気恥ずかしそうに、頑張ってタメ語で話そうとする2人。撮影を通じて徐々に距離が縮まっていく様子が見えた。

■#けみげんが語る「夢」

念願の対談では「夢」についてのトークに。松田が「僕は、kemioくんの背中から教わった“夢はどんどん口に出して叶えちゃおうよ”ってスタンスで、各方面でいろんな方に『kemioくんと一緒に出たい!』って言ってて、今日本当に実現したんです」と話すと、kemioは「元太くんのファンの皆さんが、元太くんがなにか新しいことに踏み出す度に報告くれるんですよ。会ったことなくても勝手に元太くんの近況を知ってました。本当に沢山の方から愛されてる方なんだなって。だから今日の撮影、応援隊のみなさんもきっと喜んでくれるんじゃないですか?」と明かした。

一つの夢を叶えた松田と、夢の叶え方を教えてくれたkemio。今後の#けみげんの展望についても語っており、2人の熱いトークは全ての人に勇気をくれるポジティブな初セッションとなった。

撮影がすべて終わると松田からkemioへ、うちわやアクリルスタンドなど大量の松田のオフィシャルグッズをプレゼント。「えーー、本当にいいんですか?!嬉しい、家宝にしますね!!」と嬉しそうなkemio。それを見てさらに嬉しそうにしている松田に、ほっこりした空気の現場となった。