3月20日(土)に放送される広瀬すずが、戦後初のCA(キャビンアテンダント)役に挑む、スペシャルドラマ「エアガール」(テレビ朝日系)。本作の放送に先駆け、広瀬、山崎紘菜、藤野涼子、中田クルミ、伊原六花、エアガール第一期生たちの仲良し5ショットが到着した。

同ドラマは、“空”へのあこがれを胸に、持ち前のチャレンジ精神で激動の昭和を駆け抜けた戦後初のCA・佐野小鞠(広瀬)の奮闘を描くスペシャルドラマ。史実をベースに、当時の“最先端のお仕事”であるエアガールとして奮闘した小鞠の青春をみずみずしく描写する。

また、日本人が日本の空を飛ぶことが許されていなかった戦後、日本人の手で航空事業を立ち上げるという壮大なミッションに挑んだ三島優輝(坂口健太郎)ら男たちの熱き戦いも描き出す。

■昭和レトロなファッション!

今回、公開されたのは、エアガールたちのキュートな私服ショット。すでに、5人のレトロビューティーな制服姿は解禁されているが、私服姿での勢ぞろいショット公開は初となる。クラシカルなワンピースや首元のリボンが清楚(せいそ)なブラウスなど、広瀬たちが「昭和の仕事ガール」のおしゃれをさわやかに着こなしている。そんな懐かしくてかわいい昭和レトロなファッションがドラマをさらに彩っていく。


さらに、エアガールたちが並んで入浴している「銭湯女子会ショット」も到着。早朝から夜遅くまでの激務に疲れた第一期生たちは、仕事終わりに銭湯に寄ってリラックスするのが唯一の楽しみという。湯船に漬かりながら夢を語り、ときには“恋バナ”で盛り上がる。

身も心もほぐれ、打ち解けたムードの銭湯シーンは第一期生たちの“絆”が最も感じられる場面で、広瀬も「エアガールのみんなとの撮影はとても楽しくて、特に銭湯のシーンは大好き! リラックスしている雰囲気がみんなから感じられて、すごくいい空気感だなと思ったのを覚えています」と語っている。

激動の時代を駆け抜けた主人公・小鞠たちの生きざま、そして日本人が再び“日本の空”を取り戻すまでのストーリーが描かれる本作。今回の先行カットはエアガールたちの友情を見られる貴重なショットとなった。