上白石萌音、深津絵里、川栄李奈がヒロインを演じる2021年度後期の連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」(毎週月〜土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)に、さだまさしの出演が決定した。同作は、昭和・平成・令和の時代を、ラジオ英語講座と共に歩んだ祖母、母、娘の3世代の女性の物語。

初代ヒロイン・橘安子(上白石)は、1925(大正14)年3月22日、日本でラジオ放送が始まった日に生まれ、100年の物語がスタートする。2代目ヒロイン・るい(深津)、3代目ヒロイン・ひなた(川栄)の3人のヒロインは、その時代時代の試練にぶちあたり、時に世間や流行から取り残されながらも、恋に、仕事に、結婚に、自分らしい生き方を、不器用ながらも、それぞれが違うあり方で、見出していく。そして、3人の傍らには、ラジオ英語講座があった。

さだは、戦後まもなくはじまったラジオ英語講座「カムカム英語」の講師で、“カムカムおじさん”として人気を集めた、このドラマのキーパーソンである平川唯一を演じる。

■さだまさしコメント

「連続テレビ小説からのお誘い」と聞き、やっと主題歌が歌えるぞ、と期待したら大違い(笑)。驚きの「出演」でした。芝居は慣れていませんが平川唯一さんの役で、ラジオの声が主だと聞き、ホッとしています。

終戦直後の暗い時代を生きて「日本を明るくするため」に頑張った平川さんのことを思う時、新型コロナウィルスに苦しんだ日本の未来へ、連続テレビ小説で日本を明るくするお手伝いができたら幸せです。お声掛けいただき光栄です。