わーすたがオリジナルファンションブランド「whimtet(フィムテット)」を立ち上げることが、3月27日に東京・TOKYO DOME CITY HALLで行われた「わーすた6周年ライブ〜会場まるごとROCKYOU〜」で発表された。

ブランド名はwhim(気まぐれ)とquintet(5人組)を合わせた造語で、メンバーそれぞれが2点ずつプロデュースした計10アイテムを展開する。

発表に先駆けて、初めて実際の商品を身に付けた5人に話を聞いた。

■5人それぞれの個性が出る幅広いブランドに

──オリジナルブランドを立ち上げるという話を聞いて、どう思いましたか。

三品瑠香:元々、洋服が好きで自分で着たいものを作りたいなと思っていたので、それができるって聞いたときは本当にうれしかったですね。いつかそういうこともやってみたいなっていう淡い願望ではありましたけど、実際に形にできるとは思っていませんでした。

小玉梨々華:私も服がすごく好きで、MVのスタイリングをさせていただいたこともあるくらい、そういう仕事をしたいですっていうことをスタッフさんに言ったこともあったんですけど、まさか一から作れる日が来るとは思わなかったので、すごくうれしかったです。

松田美里:私も素直にうれしいなって思いました。女の子ってみんな服が好きだと思うんですけど、私はボーイッシュなものからガーリーなものまで、どういう系統のものも好きなんですよ。このブランドは自分の欲しい服を作っていいって聞いて、5人それぞれの個性が出る幅広いブランドになるんだろうなって、ワクワクしました。

普段、この袖がもうちょっと長かったらいいのにな、なんて思いながら着ている服もあるので(笑)、自分の体形にコンプレックスを持っている女の子でもきれいに見えたり、男の子でも着やすかったりっていう妄想をめぐらせて作りたいなって思いました。

廣川奈々聖:普段のメンバーの私服が5人それぞれ違った系統なのもすごく面白いなと思っていて、それを生かせるブランドだなと思いました。

やっぱり、どれだけ気分が上がらない日でも、新しい服とかお気に入りの服を着ていると上がるものだと思うんですよ。私たちアイドルって歌で元気を与える存在だと思うんですけど、洋服でも皆さんの日々の彩りになったらうれしいなって思いました。

坂元葉月:オリジナルブランドを立ち上げられるよって聞いたときに、私は正直そんなに服にこだわりがなくて(笑)、どういうのを作ればいいんだろうって思ったんです。

でも、スタッフさんと話していくうちに、一からプロデュースすることでこんなにも自分の好きなポイントがたくさん詰まった服を作れるんだなと思って、だんだんうれしい気持ちになりました。

普段のグッズはライブをモチーフにしたTシャツやタオルだったんですけど、今回は普段から皆さんがプライベートでお出掛けするときでも気軽に着てもらえるお洋服をたくさん作れたので、そういうところでわーすたが少しでも皆さんの生活に寄り添えたらいいなって思います。

■自分たちが普段着たいデザインに仕上がりました

──それぞれのデザインのポイントなどを教えてください。

三品:イメージ通りに出来上がっていて、ちゃんと私が普段着たいものになったなって思います。カットソーはチャイナシャツっぽくしているんですけど、チャイナボタンではなくリボンでかわいらしさを入れてみました。

後ろの丈を少し長くプリーツにしているんですよ。後ろからの見え方もかわいいなと思います。袖のグレーのレースってなかなかないんですけど、それを見つけたときは大喜びしました。

パンツの方は、白で青いラインが入ったジャージっぽい感じになっています。最近はそういうスポーティーでラフな服装もはやっていたりするので、男性も使いやすいものになっているかなって思います。

小玉:私はTシャツとワンピースを作りました。Tシャツは男女どちらでも着ていただけるようにシンプルで夏っぽくしたいなと思ったので、白地にシルエットでメンバーがロゴの周りにいるような感じにしました。

私が元々短めの丈で脚が長く見えるようなシャツが好きなんですけど、男性は普通のサイズの方が着やすいよなぁって悩んだ末に、二つ作っていいよって言われたので、ありがたく両方作らせていただきました。

ワンピースは、私が元々モノトーンが好きなので、白やベージュに黒の柄を入れたんですけど、形はストンとした着やすいカジュアルな感じになっています。そちらも腰の位置を高くしないなと思って、スカートの位置にこだわって作らせていただきました。

松田:私はTシャツとスカートです。上半身に厚みがないのがコンプレックスなので、Tシャツの形は大きめにして、体形を隠せるような感じにしました。夏だけど、そんなに露出しない感じにしたくて、肩を落としたTシャツになっているので、ゆったりしていて男性にも着てもらいやすいんじゃないかなと思います。

後ろのイラストは自分で描いたんですよ。夏っぽいパインと私の好きなさくらんぼを描いて、落書きをしているときにかわいい青虫が描けたので、それも添えました(笑)。

スカートはマーメイドスカートで、腰の形が出て裾は広がっている女性らしいきれいな形になっています。前からそういう形が好きだったので、せっかくスカートを作れるなら、こだわって作ろうと思って。

脚が長く見えるようにタイトなところから裾が広がるところの位置をちょっと高くしたり、Tシャツをインするのも好きなので、ウエスト部分が見えてもいいようにゴムじゃなくて、太めの布にしたり。レースの花柄もかわいくて、色も単色もあったんですけど、夏ということでちょっとくすんでいるけど、明るい水色にベージュっぽい感じで。女の子には特別な日に履いてほしいなって思います。

廣川:私は今着ているワンピースとバッグです。1着で着てもおしゃれ感が出るようなワンピースにしたいなと思って、下は3段のスカートになっています。私は身長がそんなに高くないんですけど、スタイルアップして高く見える形だなと思っています。

作るときに自分でイラストを描いて、こんな形がいいですって見せたら、本当にそのままの形にしていただけて。

ガーリーなものが好きな人も、カジュアルに着たい人もいると思うので、リボンは取り外しができるようになっています。腰に巻くのも雰囲気が変わると思うし、前や後ろや横に付けてもいいし、4WAYくらいできるワンピースになっているかなって思います。

リボンは個人的に大好きなので、絶対に服に入れたいなって思っていたので、リボンが立つように中に芯を入れてもらったりしています。

バッグはユニセックスで使えるようにしていて、レザーっぽく見える黒の生地で作ってもらいました。実用的にしたかったので、スマホが入れられるポケットが付いていたり、フックが掛けられるような部分があったり、長財布が縦に入るサイズに作ってもらったりしました。

自分は荷物が多いタイプなので、このバッグに全部収納できたらいいなって思って、男性にも女性にも使ってもらいやすくなっています。ステッチも白いラインを入れてもらっているので、かわいいかなと思います。

坂元:私のキャップとシャツはもう「誰でもどうぞ」っていう感じなんですけど(笑)。帽子は私が描いた猫のイラストと、スペイン語で「これは帽子です」っていう文字が入っていて、ぱっと見はおしゃれでかわいいけど、よく見たらちょっと変…みたいなのが好きなので、それを自分のオリジナルとして出したいなと思いました。

シャツは今着ているのは女の子のサイズなんですけど、もうちょっと袖や丈が長めな男の人でも着てもらえるものもあります。

好きなポイントは横にスリットが入っているところです。私は、ここが開きすぎているのがあまり好きじゃないので、ガゼットっていう三角の布で付けて、おしゃれ感もアップするものにしてもらいました。

前のボタンをスナップにしてもらって、開けても閉めてもかわいいものになっていたり、襟元もノンカラーになっています。私、ノンカラーを着ている人が街中にいると思わず見ちゃうくらい、大好きなんですよ(笑)。たくさんの方にノンカラーを着てほしいです。

あとは私がシャツにアイロンを掛けるのが苦手で、洗って乾かしたままでもしわが付きにくい生地なので、男性の方でもピンッと着られると思います。

■気まぐれに考えた部分もあったかも(笑)

──whimtet=気まぐれな5人組というブランド名の由来は?

三品:みんなでいろんな案を出して決まった言葉なんですけど、それぞれの個性がすごくあるから、一つのブランドなのに全然違うものっていう幅広さが気まぐれな猫っぽい感じがするなと思って。わーすたのイメージキャラの猫とも合わせてみました。

廣川:文字で並べた感じもかわいいなと思いました。いろんな言葉を書いてみて、これは違うなっていうのを繰り返してここにたどり着きました。私たちも気まぐれと言えば気まぐれ。気ままに生きているので(笑)。

──先ほどデザインのこだわりを聞きましたが、気まぐれな部分もありましたか。

三品:しゃべっているうちに、ここもっとこうするといいかも…とか思い付くことはあったので、そういう意味では気まぐれなところはあったかも知れない(笑)。

松田:Tシャツの後ろのイラストを描くときに最初はきれいな景色とか考えていたんですけど、そのうちにフルーツ描きたい!とか、青虫描いたから付けちゃおう!とか、気まぐれなところはありましたね。

小玉:私も最初はメンバーのシルエットを後ろに大きく付けようと思ったんですけど、デザインしていく中でギリギリまで考えて、全然違う案にはなっていましたね。

坂元:私は最初に案を出したときからこの形でした(笑)。自分の中でこれがいい!って決まっていたので、気まぐれはなかったですね。

廣川:デザインを考えるときに紙に描いていたんですけど、気付いたら全然関係ない絵を描いていたのを今思い出しました(笑)。

──2021春夏コレクションのメインモデルを務めるアパレルブランド「TRAVAS TOKYO」のときとは、イメージが違いますよね。

廣川:今回はただただ自分の好きなことをやらせていただいて。でも、自分の好きなものと言いつつも、結構みんなファンの方が着てくれるのを想像して作っているので、そのこだわりは詰まったものになっていると思います。

松田:普段、コラボさせていただくときって、わーすた要素もありつつ、新しい自分になれることが多いんですけど、今回は自分の好きなもの、自分の好みのものを作れたので、それぞれの素の個性が出ているなと思います。アイドルというより、素の女の子っていう感じ。

──前回、坂元さんは最年少だと思われたんですよね。

坂元:16歳って言われましたからね(笑)。今回の洋服を着たら、もうちょっと大人に見られると思います。

■お知らせが途絶えないように活動していきたい

──3月27日の6周年ライブで発表ということで、取材日の現時点ではファンの方にはまだ内緒になります。

小玉:その前にポロッと言っちゃいそう(笑)。

廣川:すごく喜んでもらえそうなお知らせだなって思います。特典会ができるようになったら、ファンの方と同じ服を着たいですね。

三品:これまでも次のライブのお知らせをするっていうのはあったけど、ブランドを立ち上げますなんていう発表はなかなかできないので。

坂元:私たちの私服が好きって言ってくださる方も多いし、私もファンの立場だったときに好きなアイドルが服をプロデュースしたら絶対に買っていたと思います。そこで少し私たちと近付けて、親近感を持ってもらえたらいいですね。私も皆さんに着てほしいと思ってもらえる服を作ったので。

松田:発表が楽しみですね。私もあこがれのアーティストさんやアイドルの先輩がデザインした服をこっそり着て浮かれているので(笑)、その楽しさは知っていますから。皆さんがそういう気持ちになってくれるのを想像して、今から胸アツです。今回限りじゃなく、秋冬ものとか来年の夏ものとか、作っていきたいですね。

廣川:今はこういう状況で、ツアーとかできてないことがすごく多くて、まずはみんなに会いに行きたい、交流したいっていうのが一番ですけど、今回みたいに会うのとは違った形でお知らせができるのもわーすたならではですね。これからもそんなお知らせが途絶えないように活動していけたらって思います。

◆取材・文=青木孝司

※着用写真はサンプルです。製造商品とは多少異なることがあります。