杉咲花がヒロインを務める連続テレビ小説「おちょやん」(毎週月〜土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか※土曜は一週間の振り返り)。3月25日放送の第79回では千代(杉咲)の人生に深くかかわった2人、高城百合子(井川遥)と小暮真治(若葉竜也)との別れが描かれた。(以下、ネタバレがあります)


■「百合子さん、おおきに」

千代と身寄りのない少年・寛治(前田旺志郎)の交流が描かれている第16週「お母ちゃんて呼んでみ」(第76〜80回/3月22〜27日)。第77回では小暮(若葉竜也)と百合子(井川遥)が泊まる場所を探して千代と一平(成田凌)の家にやってきた。

かつて、百合子は千代に「そんなにお芝居が好きなら、自分でやってみたら?一生一回、自分が本当にやりたいことを、やるべきよ」と語り掛けて背中を押し、撮影所の大部屋女優時代には、千代が飛躍するきっかけまでも与えてくれた。そして、小暮は千代の初恋相手であり、千代にプロポーズまでした人物。

そんな2人は結婚し、表現の場を舞台に見いだしていた。だが時局柄、2人の志す演劇は当局の方針と合わず、特高警察に追われる身となっていた。千代の機転のおかげで警察から逃れ、2人は早朝、千代の家を出た。北に向かい、ソ連に亡命するという。

「小暮さん、百合子さん、お元気で」と万感の思いで言葉をかけ、深々と頭を下げた千代。百合子は振り返り、無言で千代を抱きしめた。

第34回では、千代に「自分だけは絶対に騙しちゃ駄目。自分に正直にならない限り、いいお芝居はできなくてよ。私たちは自由なのよ」と微笑みかけた百合子。その信念には一切ブレることがなく、百合子は今、自由を求めてソ連に渡ろうとしている。

千代は涙をにじませながら「百合子さん、おおきに、うちに役者になるきっかけをくれはって。おおきに」とまた深く一礼。今度は振り返ることなく去っていった百合子たちの背景に、蒸気機関車の汽笛が鳴り響いた。

■「カチューシャの唄」のメロディに送られて…

まるで映画のように美しいワンシーン。BMGには「カチューシャの唄」が流れたが、この曲は第15回で百合子が道頓堀を離れるシーンでも印象的に使われた曲。希望を求めて旅立った2人だが、哀愁あるメロディのせいか、その背中はどことなく憂いを帯びていた。

視聴者からも「切ない」の声が上がった千代と百合子、小暮との別れのシーン。1937年暮れに岡田嘉子という女優が演出家の男性とともにソ連に亡命し、過酷な運命をたどった史実を連想する声もあった。

顔にかかりそうな髪で首元にマフラーをしっかりと巻いた小暮と、黒いコートに黒いロシア帽をかぶった百合子の姿には「百合子さん、メーテルみたい」「リアルメーテルと鉄郎!」の声も。蒸気機関車の汽笛が鳴り響く演出もあいまって、「2人はソ連に行ったんじゃなく、銀河鉄道に乗ったんだな…そう思いたい」という祈りのような声も聞かれた。


3月26日(金)は第80回を放送する。第79回では一平が預かっていた劇団の準備金を寛治が持ち出したことが発覚したが、第80回では千代が腹を決める。千代は一平に相談し、あらためて寛治と話し合う時間を持つ。