3月26日(金)放送の「ザワつく!金曜日 2時間SP」(夜6:45-8:54ほか、テレビ朝日系)に、4月より放送時間が1時間に拡大する「相葉マナブ」(毎週日曜夜6:00-7:00、テレビ朝日系)を代表して相葉雅紀とハライチ・澤部佑がゲスト出演。「ザワつく!金曜日」&「相葉マナブ」のコラボスペシャルとして、さまざまな企画がオンエアされる。

「ザワつく!金曜日」は、華麗なる家庭で育ち、言いたいことを遠慮なく口にする、石原良純、長嶋一茂、高嶋ちさ子の怖いもの知らずの“ザワつくトリオ”が、世間をザワつかせている社会現象についてトークを繰り広げるバラエティー。

今回は「相葉くんとマナブ!日本はすごいぞスペシャル」と題し、それぞれの番組の人気企画を行う。

ザワつくトリオは以前、「相葉マナブ」で相葉が握ったすしを食べたことがあり、会うのはそれ以来。プロのすし職人も顔負けの腕前だった相葉を石原ら3人は絶賛する。

一方、相葉は3人にすしを握ったときのことを振り返り、「日本を代表する大物俳優が来た時より緊張した」と当時の心境を明かす。

今回のスペシャルでは、最初に「ザワつく!金曜日」の人気企画「工場クイズ」を実施。相葉と澤部が練習問題として、過去に出題された問題にチャレンジすると、相葉から思わぬ解答が。

その解答に長嶋は「シンパシーを感じる」と興奮し、高嶋も「(2人は)ソックリ!」と納得していた。

さらに続くクイズで、どうにか答えを導きたいザワつくトリオは、正解が何文字か、司会のサバンナ・高橋茂雄に確認。「ザワつく!金曜日」ではおなじみのヒント合戦に、澤部は驚きを隠せない。

答えが分からない相葉も、高橋に正解の商品について「(それは)かわいい子が食べていると、かわいいですよね?」と詰め寄り、ザワつくトリオ以上に高橋を困惑させる。

3問目は、相葉と澤部が「相葉マナブ」で過去に行った工場見学ロケからのクイズ。ここでも、いつも以上に珍解答が飛び交い、スタジオは騒然となる。

■相葉が厳選した絶品釜飯6品が登場!“ザワつく的”ナンバー1を決める

さらに、「相葉マナブ」とのコラボ企画「相葉マナブプレゼンツ ザワつく釜-1グランプリ」も開催。

同企画は、これまで「相葉マナブ」で紹介された釜飯レシピの中から、相葉自身がザワつくトリオに食べてもらいたいと厳選した6品を試食し、“ザワつく的”ナンバー1を決めるというもの。

中には普段ご飯と絶対に合わせないような意外な食材もあり、不安な表情を浮かべるザワつくトリオだが、いざ試食すると「すごく味が染みている」「これは最高ですね」「素材の甘味が凝縮されている」と、相葉えりすぐりの釜飯を絶賛する。