山崎銀之丞、木場勝己、内村遥、山田キヌヲ、ケン(水玉れっぷう隊)、元ラグビー選手・鶴ケ崎好昭が4月スタートの日曜劇場「ドラゴン桜」(毎週日曜夜9:00-9:54、TBS系)に出演することが発表された。山崎らは、桜木建二(阿部寛)と水野直美(長澤まさみ)の前に立ちはだかる、ドラマオリジナルの舞台・龍海学園の個性的な教師の面々を演じる。

本作は、週刊漫画誌「モーニング」(講談社)で2018年から連載中の三田紀房による「ドラゴン桜2」が原作。2005年に放送された前作ドラマの原作である「ドラゴン桜」(2003年〜2007年/講談社)の15年後を描く続編だが、本作は今の時代の日曜劇場でやるべきエッセンスを取り入れたドラマオリジナルの展開が予定されている。


山崎が演じるのは学園の校長・奥田義明。強い立場の人間に弱く、理事長の龍野久美子(江口のりこ)に頭が上がらない。しかし桜木に“ある秘密”を早々に見つけられ、弱みを握られてしまうという役どころ。

久美子の父であり学園の元理事長・龍野恭二郎を演じるのは木場。娘にその座を譲り引退した元理事長で、娘の教育方針に疑問を呈し、異議を唱えていくという役どころ。この親子の骨肉の争いも、ドラマの一つのキーポイントとなる。

さらに、内村遥、お笑いコンビ・水玉れっぷう隊のケンと山田、元パナソニック ワイルドナイツの鶴ケ崎が、龍海学園の教師役に名を連ねる。

■飯田和孝プロデューサーコメント

阿部寛さん、長澤まさみさんの前に立ちはだかる教師たちは、一筋縄ではいかない相手であって欲しいと思っていました。一癖も二癖もある個性と、実力を兼ね備えた俳優の皆様が桜木とどう絡んでいくのか、そして時にどうギャフンと言わされるのか、楽しみにしていただければと思います。

また彼らは江口さん演じる理事長久美子派、及川さん演じる教頭高原派に分かれていて、まさに企業の出世争いにも似たドラマの側面もお届けできると思っております。

それぞれのキャラクターの賛成意見、反対意見をご自身に重ね合わせて、ご覧いただければうれしいです。