小芝風花主演の土曜ナイトドラマ「モコミ〜彼女ちょっとヘンだけど〜」(毎週土曜夜11:00-11:30、テレビ朝日系)がクランクアップを迎え、小芝がメッセージを寄せた。

“物の気持ちがわかる”少女モコミと、一見幸せそうに見えるけれど、実はそれぞれに問題を抱える家族の、絆と再生を描く同作。放送はあと2話を残すのみとなり、主人公・清水萌子美を演じる小芝をはじめ、キャスト一同がクランクアップを迎えた。

キャスト1人1人が撮影を終え、「不安を感じない日はない中、この家族、このスタッフさんたちと1つの作品を作ることができて幸せでした」(工藤阿須加)、「新しい時代の家族像を示すことができたと思います」(田辺誠一)、「“さわやか”という言葉にとりつかれた数か月間でした(笑)」(加藤清史郎)と感想を語る。

そして、小芝も撮影最終日を迎え「清水萌子美役の小芝風花さんオールアップです!」との声が掛かると、先に撮影を終え「母親というものは家族に育てられるものだと、あらためて感じました」と語っていた富田靖子がサプライズで現場に駆け付け、小芝に花束を渡す一幕も。

内気だった萌子美の成長を、せりふの強弱や自信なさげだったまなざしに強い意志をにじませるなど、1話1話繊細な演技で体現してきた小芝は、富田からのねぎらいの言葉に弾けるような笑顔を見せ、さらに「私にとって萌子美は難しい役柄で、悩みながら作っていきました」と難役に向き合った日々を振り返った。

なお、3月27日(土)放送の第9話では、これまで萌子美を温かなまなざしと言葉で応援してきた祖父・須田観(橋爪功)の存在をクローズアップ。突然、モノと話せなくなり、どうすればいいのか分からなくなっている孫娘に対し、観はただ気遣うだけでなく、これからどう生きたいのか考えるよう伝える。

それだけでなく、田舎暮らしを本気で考える伸寛(田辺)に驚くような思い出話を語り、移住先の候補となる土地を紹介。さらに、自身が過去に起こした不倫騒動をどう思っているのか、今の素直な気持ちを明かす。

そんな観の言動に、娘の千華子(富田)は心穏やかでいられるはずもなく…。また、伸寛は観から移住先に最適と教えてもらった土地を訪ねることに。萌子美や観はもちろん、俊祐(工藤)や千華子も同行することとなり、気が付くと家族旅行のような雰囲気になるが、旅先での萌子美にまたしても大変な出来事が起こる。

4月3日(土)の最終話に向け、第9話でも萌子美と家族に一波乱も二波乱も予想させる物語が展開する。

■小芝風花(清水萌子美役)コメント

萌子美という役はすごく難しくて、萌子美の部屋のセットを見たりしながら、悩みつつ作っていきました。

プロフェッショナルな方たちとご一緒できて、最後まで萌子美を演じることができました! 本当に皆さんのおかげです。

ありがとうございました!

■「モコミ〜彼女ちょっとヘンだけど〜」第9話あらすじ

モノと話せなくなった清水萌子美(小芝)は平気なふりをしつつ、内心では不安が大きくなるばかりだった。岸田佑矢(加藤清史郎)に支えられて何とか気持ちを落ち着かせるが、家族は自分にとって”普通のこと”ができなくなった萌子美を心配する。

兄・俊祐(工藤阿須加)は自分を責めながらも素直になれず、ぶっきらぼうに当分仕事を休むことを妹に提案。萌子美もそれを受け入れる。

萌子美は祖父・須田観(橋爪功)に、もし再びモノと話せるようになったら、その力を何に使いたいか問われるが、今まで自分に与えられた力の使い道など考えたことのなかった。

そんな中、観がまた娘の千華子(富田靖子)を怒らせる。ボヤ騒ぎを起こし、借りていた部屋を追い出されたと語っていたが、その発言がうそと判明。なぜ観は長い間、音信不通だった娘家族の前に現れたのか、全く見当がつかない千華子や伸寛(田辺誠一)だった。

千華子が腹を立てているのを気にすることなく帰宅した観は、伸寛に田舎への移住計画の進展を尋ねる。萌子美が落ち着くまでは先送りにするつもりだという伸寛に、観は意外なことを語り始める。

そんな観に、かつて起こした不倫騒動について聞く俊祐。「後悔はしていない」という観だったが、その場にいないと思っていた千華子が立ち聞きしていて、ヒステリックに騒ぎ出す。そんな中、伸寛が山梨に行く​と宣言する。