乃木坂46の2期生エースとして活躍してきた堀未央奈のラストステージとなる2期生ライブ「9th YEAR BIRTHDAY LIVE 〜2期生ライブ〜」が、3月28日に生配信された。

ライブは、ラストステージとなる堀がセンターポジションに立ち、2期生メンバー曲「アナスターシャ」でスタート。その後も「ライブ神(しん)」「Am I Loving?」と2期生曲を続けて披露し、「走れ!Bicycle」で冒頭ブロックを締めくくる。

乃木坂46の2期生最終オーディション日は2013年3月28日。ちょうど8年の年月が経ち、本番日はいわゆる2期生の誕生日。MC中には「Happy Birthday 2期生」と合唱するも、その日に堀がラストステージとなることで、各メンバーは複雑な胸中を語った。

秋田出身の鈴木絢音は「私が秋田から東京に出てきて、未央奈が岐阜から東京に出てきて、地方出身メンバーはホテルに宿泊しながらレッスンを受けていたので、未央奈とよくホテルの部屋で練習したことを覚えている」と、堀との思い出を熱く語る。

ライブ中盤では全員センター企画を実施。ライブ前にメンバーが必ず行う円陣のスローガンとなっている「笑顔」「感謝」「努力」に合わせ、各メンバーが思い入れの楽曲をセレクトし、センターを担う企画となった。

中でも、堀は「2期生メンバー全員が選抜に入れるように頑張っていたのに、13thシングルで2期生メンバーが誰も選抜に選ばれなかった…」と、こらえていた涙を流しながら「嫉妬の権利」「今、話したい誰かがいる」を歌い上げる。

終盤では堀がセンターを務め、「世界で一番 孤独なLover」「ハルジオンが咲く頃」「きっかけ」などを披露。本編ラストは、総合プロデューサーの秋元康が2020年3月に生配信された「幻の2期生ライブ」のために書き下ろした楽曲「ゆっくりと咲く花」で幕を閉じた。

アンコールでは、堀が自分を支えてくれている母親への思い、そしてメンバーへの思いを語った後、自身初のソロ曲「冷たい水の中」、そして初めてセンターを務めた7thシングル「バレッタ」を2期生メンバーだけで涙ながらに歌唱。

その後、MCで各2期生のメンバーから堀へのメッセージが送られた後、母親からの手紙がサプライズとして届けられ、鈴木が代読。涙が止まらないMCに。

堀にとって本当に最後となる楽曲は、オープニングでも披露された「アナスターシャ」。2期生メンバーが最も大切にしている楽曲で、間奏では1期生、3期生、4期生のメンバーがサプライズとして登場。堀自身にも知らされておらず、驚きと涙であふれ返り、“ラストステージ”の幕は閉じた。

なお、3月29日(月)には1期生ライブが予定されている。

■「9th YEAR BIRTHDAY LIVE 〜2期生ライブ〜」

M1:アナスターシャ
M2:ライブ神
M3:Am I Loving?
M4:走れ!Bicycle
M5:日常
M6:君の名は希望
M7:ゴルゴンゾーラ
M8:サヨナラの意味
M9:ここじゃないどこか
M10:太陽ノック
M11:ボーダー
M12:別れ際、もっと好きになる
M13:嫉妬の権利
M14:今、話したい誰かがいる
M15:君に贈る花がない
M16:世界で一番 孤独なLover
M17:かき氷の片想い
M18:スカウトマン
M19:ハルジオンが咲く頃
M20:きっかけ
M21:ゆっくりと咲く花
EN1:冷たい水の中
EN2:バレッタ
EN3:アナスターシャ
(2021年3月28日)