ハロー!プロジェクトの各グループが出演する、年に一度の春のお祭り「Hello! Project ひなフェス 2021」が3月27日、28日に千葉・幕張メッセ国際展示場1・2ホールにて開催。2日間計4公演で約2万人を動員した「ひなフェス」は、つばきファクトリー&BEYOOOOONDS、Juice=Juice、アンジュルム、モーニング娘。’21と、各公演がそれぞれ異なるグループをフィーチャーしたプレミアム公演が行われた。

例年は「SATOYAMA&SATOUMI movement」イベントと合同で開催されてきたが、2020年に続き2021年も新型コロナウイルス感染拡大防止のため「SATOYAMA&SATOUMI」イベントは行われず、感染予防対策を徹底した上で「ひなフェス」単独の開催となった。

ライブ冒頭には各プレミアムを務めるグループが登場し、その後ハロプロ研修生がパフォーマンスを披露。2021年内に新グループ設立を目指し活動している、米村姫良々、石栗奏美、窪田七海、斉藤円香によるハロプロ研修生ユニットも、昇格を待つ中でのステージで元気いっぱいな姿を見せた。

BEYOOOOONDSは3月3日にリリースしたばかりの最新シングルから「激辛LOVE」などを披露。コミカルな振り付けで会場に笑顔を生み出す。MCでは、桜の季節&卒業シーズンということでメンバーの山崎夢羽、前田こころが高校卒業を報告。そして、全国の卒業生への応援も兼ねて「ビタミンME」を歌い、ポンポンを手にステージを跳ね回った。

つばきファクトリーは、情熱的なパフォーマンスと爽やかなコーラスワークで会場を魅了。5月26日(水)にはニューアルバム『2nd STEP』のリリースを発表しており、同アルバムにも収録予定の「恋のUFOキャッチャー」「My Dariling 〜Do you love me?〜」も初披露。

また、各ライブの中盤では「ひなフェス」恒例のシャッフルユニットコーナーも開催。事前抽選で選ばれたメンバーによる今回限りのソロ、デュオ、トリオが公演ごとに披露された。

“つばきファクトリー&BEYOOOOONDプレミアム”では、「女が目立って なぜイケナイ」を江口紗耶、「タンタンターン」を牧野真莉愛、川名凜、工藤由愛の3人、「次の角を曲がれ」を西田汐里と山崎が担当。また、“Juice=Juiceプレミアム”では「Take off is now!」を松永里愛、秋山眞緒、前田、「JUICY HE@RT」を段原瑠々と小野瑞歩、「Give me 愛」は浅倉樹々が歌い上げた。

2日目に行われた“アンジュルムプレミアム”では、「Fantasy が始まる」を佐々木莉佳子、「夢幻クライマックス」を笠原桃奈と小野田紗栞が熱演し、加賀楓、横山玲奈、山崎が「ちょこっとLOVE」で会場を盛り上げた。そして、“モーニング娘。'21 プレミアム”では「THE 美学」を小田さくらと為永幸音、「晴れ 雨 のち スキ」を羽賀朱音、一岡伶奈、島倉りかが歌い、「春 ビューティフル エブリディ」は譜久村聖が堂々のソロで演じた。

シャッフルユニットコーナーの後は、再びグループごとのステージへ。

Juice=Juiceは4月28日(水)にリリースされるニューシングルからの楽曲を中心に披露。シティポップナンバー「DOWN TOWN」ではグループの新しい一面を見せつつ、キレキレのダンスを見事にこなす姿が大人っぽい。

アンジュルムは2020年秋に新メンバー3名を迎え、新体制10名で初の「ひなフェス」参加に。最新シングル曲「限りあるMoment」でドラマティックに会場のボルテージを底上げしていきながらも、本人たちはMCでも「ひなフェス」が楽しくて仕方がない様子。もう一つの最新シングル曲「ミラー・ミラー」ではアンジュルムならではのエネルギッシュな歌唱で畳み掛けていく。

そして、プレミアムパート前のラストを務めたのがモーニング娘。'21。。「ひなフェス」では3月31日(水)に発売となるニューアルバム『16th〜That's J-POP〜』に収録される新作から「恋愛Destiny〜本音を論じたい〜」「このまま!」の新曲を披露。つんく♂作詞作曲の「ギューされたいだけなのに」など、要所要所で鋭いボーカルを入れながらアグレッシブに攻め上げる。フェスにふさわしい圧倒的なハイテンション・サウンドにのせて会場を盛り上げた。

また、終盤のプレミアムパート前には、その回のプレミアム担当グループの曲を他グループが合同でカバーするブロックも。1曲を2グループ合同(初日だけ1グループでのカバー有)でパフォーマンスし、組み合わされるグループも4公演全てバラバラというぜいたくな共演が次々と繰り広げられた。

観客は全員着席、ソーシャルディスタンスを保ちながら鑑賞というスタイルのライブではあったが、その分各グループ、各メンバーがステージで放つエネルギーの大きさと眩さがより際立った公演に。360度に展開された観客席からは声援の代わりにペンライトが振られ、パフォーマンスごとに大きな拍手が送られていた。

ラストは幕張メッセの大ステージに全グループが一挙集結。全員でのパフォーマンスで華やかにライブを締めくくった。

ハロー!プロジェクトは今後、各種リリースやコンサート開催を予定。3月31日(水)にはモーニング娘。'21の16枚目のオリジナルアルバム『16th〜That's JPOP〜』、5月26日(水)にはつばきファクトリー2枚目のアルバム『2nd STEP』が発売となる。また、現在ハロー!プロジェクト全体での春コンサートツアー「Hello! Project2021 春『花鳥風月』」も5月30日(日)まで開催中となっている。

■譜久村聖(ハロー!プロジェクト リーダー/モーニング娘。'21)コメント

昨年末のカウントダウンコンサート以来にハロー!プロジェクト全体で集まってのライブになりましたが、とても楽しかったです。昨年の「ひなフェス」が無観客ライブだった分、つばきファクトリーとBEYOOOOONDSにとっては今回初めてお客さんを入れてのプレミアム公演だったので、メンバーからの熱気や気合も伝わってきましたし、新体制になったグループからのやる気も伝わってきて、すごく「ひなフェス」全体が熱いコンサートになりました。

モーニング娘。'21も、参加できなかった2人も含めた14人分の気持ちでパフォーマンスするということですごく盛り上がったので、生放送、生配信で観てくださった方も楽しめたんじゃないかなと思います。その他にも石田亜佑美の「石田のパン」や、PIZZA-LAさんにハロー!プロジェクトを意識して作ってもらった「春のハローピザ」だったりと、少なくとも春を感じていただけたかなと思います。来年「SATOYAMA&SATOUMI」イベントと一緒にまた開催できることを願っています。


文=宮澤祐介