俳優の満島真之介、染谷将太、矢本悠馬、志尊淳がスマホアプリの“ひっぱりハンティングRPG”「モンスターストライク」(以下モンスト)の年間イメージキャラクターに起用された。

3月31日(水)より4人が出演する新CM「地球にはモンストがある。/ティザー」篇が放送開始となる。

新CMでは4人が宇宙人姿で登場。宇宙人の間でも噂の「モンスト」をプレイするために地球に降り立った4人が、「はじめての地球」で見る光景に驚き、テレパシーでの会話を楽しみながら、「モンスト」を探すといった内容になっている。

■新CM「地球にはモンストがある。/ティザー」篇ストーリー

突如、怪しいビームとともに渋谷の街に降り立つ4人の宇宙人、ミツ(満島)、ソメ(染谷)、ヤモ(矢本)、シソ(志尊)。宇宙でも噂になっている「モンスト」を探して地球にやってきた4人は、渋谷の街並みや、道行く人全員がマスクをしている姿など、「はじめての地球」に感動することばかり。

自身の惑星では考えられない体験にワクワクが止まらず、お気楽なミツとお調子者のヤモはテレパシーで会話をしながら「スマホ欲っしーなー」「彼女も欲っしーなー」と、「はじめての地球」を楽しんでいる様子。

そんな中、4人はスマホでゲームをプレイしている大学生の姿を見つける。スマホでゲームができることに驚く4人。ゲームオタクのヤモはどんなゲームか気になり、「あれ、なんてゲーム?」と聞くとメンバーで最も物知りなシソがすぐさま「モンストです」と回答。

「モンスト」をスマホでできることを知った4人は、「とりあえずスマホをゲットしない?」というソメの提案に「ガッチャ!(了解)」と声を合わせ、決意を固める。

■撮影エピソード

テレパシーで会話する宇宙人役ということで、はじめて「セリフなし」のCM撮影に臨んだ4人。撮影後のインタビューでは、「思ったよりも探り探りで始まったよね」と染谷が撮影を振り返ると、満島も「マイクを付けなかったのはじめて」と、普段とは違う状況だったとコメント。

「たしかに、テレパシーで会話するってはじめてだったな」と矢本が宇宙人役の演技を回想。「志尊くんもいま、テレパシーで会話しているもんね」と満島が話を振ると、志尊も「テレパシーがすごい入ってきた」と答えた。

また、撮影中から満島を筆頭に「意外と動きやすいよね」と着心地に満足な声が上がった同CMの衣装。一方で、「地球にはモンストがある。」シリーズは今後も続くということもあり、この衣装を着ての「暑い夏の撮影」について話題に上がると、「半ズボンと半袖もいいかな」と満島さんから新衣装のアイディアも飛び出した。

特殊メイクなど、キャラクターデザインについても、矢本は「見た目からすごいこだわってもらって、テンション上がった」、「(周りに早く)見せたかった」とコメント。キャラクターそれぞれの“耳”にも少しずつ個性があり、矢本の耳と特殊メイクの境目が「ここでもわかんない」と至近距離で確認する志尊に、「それはたぶん疲れてるからだよ」と、満島が長時間の撮影をいたわったツッコミをした。


■満島真之介が演じるミツのキャラクタープロフィール

陽気でハイテンション。おバカキャラであり、特攻隊長。ムードメーカー的存在。わりと気は短めだがここぞというときは誰よりも友情にアツイ性格。

■染谷将太が演じるソメのキャラクタープロフィール

正義感が強い。素直でやさしい性格。のんびりしたところもあるが、4人のまとめ役的存在。地球の動物に好かれやすい。かなりの感動屋さんで、涙もろい。

■矢本悠馬が演じるヤモのキャラクタープロフィール

お調子者。地球のゲームと、女の子がとにかく大好き。かなりのゲームオタクであり、モンストやりたい欲が誰よりも強い。「モンストしてぇな〜!」が口ぐせ。

■志尊淳が演じるシソのキャラクタープロフィール

物知りでマジメ。地球の文化にも詳しく、みんなに地球のことを教えてくれる存在。目で見たモノの情報を手にいれる特殊な能力を持つ。花粉症持ちでもある。