3月30日(火)の「セブンルール」(毎週火曜夜11:00-11:30※3月30日(火)は夜11:30-深夜0:00、フジテレビ系)では、京都・祇園の路地裏に店を構え、“絶品の鶏白湯(パイタン)ラーメン”で女性客を虜にする「麺処むらじ」の店主・連恭子(むらじきょうこ)さんに密着する。

■コンセプトは“女性が喜ぶラーメン”

店の看板メニューは、塩ベースの『鶏白湯ラーメン』。濃厚な鶏白湯スープとのどごしの良いストレート麺がよく絡む一杯。さらに、特製の酒粕を使い京野菜を添えた『酒粕ラーメン』や、レモンの酸味と濃厚スープの相性が病みつきになる『檸檬ラーメン』も人気を集める。

コンセプトは“女性が喜ぶラーメン”。試行錯誤によりたどり着いた濃厚ながら後味さっぱりのスープは「ドロっとして濃いかなと思ったけど飲みやすい」と、美容を気にする女性にも罪悪感なく飲み干せる。築100年の町家を改装した店内はカフェのような雰囲気で、徹底的に女性客を意識している。6年前、47歳で開店するとたちまち行列のできる人気店になった。

■連さん「コロナのせいにしても何も解決しない」

京都で寿司屋を営む両親のもとに生まれた彼女は22歳で結婚し、専業主婦として2人の子どもを育てた。子育てが落ち着いた31歳のとき、ママ友に誘われて働き始めたのが飲食業界。カフェの立ち上げに携わったあと「高級店が並ぶ祇園でも、ラーメンだったら気軽に若い人にも来て頂けるんじゃないか」という思いで、研究に研究を重ね、女性客を虜にするラーメン店をオープン。

しかし、コロナの影響で状況が一変。日本有数の観光地として知られる京都・祇園の町も閑散とした状況が続き、売り上げは半分以下に落ち込んだ。今回カメラは、コロナ禍で悪戦苦闘しながらも「コロナのせいにしても何も解決しない」とテイクアウト弁当や、新店舗オープンなど、起死回生の一手を打ち続ける彼女の日常や、それを支える家族との関係を映し出す。

「ここに留まっていても仕方ない。逆転を狙って前に進み、お客さんが戻って来るまで我慢する」と明るく話し、店員やお客さんの気持ちをあげるために奮闘する連さん。苦しい時こそ顔を上げ、笑顔で店に立ち続ける「麺処むらじ」店主・連さんの7つのルールに迫る。

■本谷有希子と尾崎世界観が“ラーメントーク”を繰り広げる

スタジオでは、長濱ねるを筆頭に「美味しそう…」の声が続出。そこから“ラーメン”の話になると、本谷有希子が「ラーメンおじさんは入りにくいんじゃない?」という疑問を投げかけると、尾崎世界観が「おじさんだって…」と反論し笑いを誘う。

さらに「SNSにアップするためにごはんの写真を撮るのはあり?なし?」というテーマに、意見をぶつけ合う出演者たち。「寿司を〇〇して撮るのは腹が立つ…」という青木崇高に対し、YOUが「許せ!」と一刀両断する場面も。