吉川愛、板垣李光人がW主演を務めるドラマ「カラフラブル〜ジェンダーレス男子に愛されています。〜」(毎週木曜夜11:59-0:54、日本テレビ系)の第1話が、4月1日(木)に放送となる。


同ドラマは、ためこう原作のコミック「ジェンダーレス男子に愛されています。」が原作。美しいものは大好きだが、仕事に夢中になるあまり自分自身のおしゃれは二の次になっている漫画誌の編集者・町田和子(わこ/吉川)と、メークも完璧なファッションショップ店員・相馬周(めぐる/板垣)。“和子のことがずっと好きだった”という周の言葉をきっかけに、お試しで付き合うこととなった二人の恋愛模様を描く。

第1話では、漫画誌の編集者・和子(吉川)が、高校時代の後輩・周(板垣)と再会。周は和子のことを「僕のずっと好きな人です」と宣言する。

公式サイトで見ることのできる第1話の予告動画や先行カットでは、「やっと会えた!」と笑顔で和子に抱きつく周の姿や、「可愛いのは君だよ、周くん…!」と、周のあまりの可愛さに思わず声が漏れる和子、さらに、「和子ちゃんは、僕のヒーローなんだ」と和子に救われた過去を明かす周の様子が公開されている。

■第1話あらすじ

漫画誌の編集者・和子(吉川愛)は、美しいものが大好き。その一方、仕事や“推し”のことに全力で、自分自身のことは二の次になってしまいがち。仕事ができて周囲への気遣いを忘れない編集長のあさひ(水野美紀)に憧れている。

ある日、和子は同期のファッション誌編集者・玲(中川大輔)から撮影を手伝ってほしいと頼まれる。撮影現場へ行くと、人気モデルのキラ(桐山漣)が現れる。和子は、キラの美しさに見とれる。

その時、キラを追ってやってくる男性がいた。女性と見間違われるほど美しい彼は、和子の高校時代の後輩・周(板垣李光人)。周は、キラのスタイリストをしていた。

思いがけない再会に、和子はビックリ。周は和子のことを「僕のずっと好きな人です」と宣言し、いきなり抱きしめる。「ええええ――!?」ますますびっくりして動揺する和子。

仕事を終えた和子が会社を出ると、周が待っていた。二人は、お茶をすることに。周は、上京してファッションショップで働きながらキラのスタイリングを担当していた。和子は、美しくなった周をまぶしく感じる。

「頑張れたのは、和子ちゃんに会いたかったからだよ」周は、和子を追いかけて東京に出てきたのだった。

キラを起用した企画がしばらく続くことになり、和子は再び取材を手伝う。キラはわがまま放題で、和子たちは振り回される。焦った玲が起こしたミスでキラは機嫌を損ね、「帰る」と言い出す。