吉沢亮が主演を務める大河ドラマ「青天を衝け」(毎週日曜夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)の第8回が4月4日(日)に放送される。同作は、新一万円札の顔としても注目され、“日本資本主義の父”と称される渋沢栄一が幕末から明治へ、近代日本のあるべき姿を追い続け、時代の渦に翻弄され挫折を繰り返しながらも高い志を持って未来を切り開いていく姿を描く。

「青天を衝け」は、栄一(吉沢)が生まれ育った武蔵国・血洗島村と草なぎ剛演じる徳川慶喜が生きる江戸で物語が進行。

血洗島では栄一の幼なじみで生涯をともにする喜作を高良健吾が演じ、栄一の妻となる千代を橋本愛が演じる他、和久井映見、小林薫、田辺誠一、満島真之介、岡田健史らが出演。

“江戸パート”では、慶喜の側近を堤真一が演じる他、木村佳乃、岸谷五朗、竹中直人が登場。また、栄一に影響を与える砲術家の高島秋帆を玉木宏が演じ、物語のストーリーテラーとして北大路欣也が徳川家康を演じる。

注目の第8回「栄一の祝言」では――

栄一(吉沢)は自分の思いを語り、千代(橋本)に結婚を申し込む。と、そこに喜作(高良)が待ったをかけ、栄一と喜作は剣術で勝負をすることに。

一方、幕府では、大老になった井伊直弼(岸谷)が「日米修好通商条約」を結ぶが、調印は違勅だと大問題に発展。井伊に意見した慶喜(草なぎ)や斉昭(竹中)には処分が下され、“安政の大獄”と呼ばれる苛烈な弾圧が始まる。

――という物語が描かれる。

公式ホームページにて公開された予告動画では、千代へ自らの思いを告げる栄一の姿や、千代を巡って栄一と喜作が剣術の勝負をする場面も。また、千代が花嫁衣装に身を包み祝言へ向かう様子も描かれる。

一方の江戸では、岸谷演じる井伊が動き出す。「日米修好通商条約」を結んだ井伊に対し意見をしたいと声を荒げる慶喜や、慶喜に対し「あなた様に日の本をまとめていただきたいのです」と告げる円四郎の姿も。そして、葛藤する慶喜へ正室・美賀君(川栄李奈)が膝枕をする姿も描かれる。慶福(のちの第14代将軍の徳川家茂)を演じる磯村勇斗の初登場も。

大河ドラマ「青天を衝け」第8回は、4月4日(日)夜8:00ほか、NHK総合ほかで放送。