ゴジラの完全新作テレビアニメシリーズとなる「ゴジラ S.P<シンギュラポイント>」が、4月1日からTOKYO MXほかでテレビ放送が開始され、Netflixでは各週1話ずつ先行配信されている。今作のオープニングテーマ曲は、楽器を持たないパンクバンド・BiSHの「in case...」が起用された。

BiSHインタビュー後編では、今作のために書き下ろした新曲「in case...」について、さらに先日最終回を迎えたドラマ「ボクとツチノ娘の1ケ月」(読売テレビ)で主演を務めた“女優”ハシヤスメ・アツコについて、メンバーたちに話を聞いた。

■リンリン、歌詞の「難しければ難しいほどいいね」に響いた

――「ゴジラ S.P<シンギュラポイント>」のオープニングテーマ曲「in case...」はどんな曲ですか?

アイナ・ジ・エンド:今コロナ禍で何ごとにも躊躇しやすい時代だなというのがありまして、その中でも「立ち向かう用意」という言葉が入っていたり、前向きになれる歌詞になっているので、ゴジラの曲ではあるんですけど、今を生きる人たちに響く曲でもありたいなと思っています。

リンリン:サビに「難しければ難しいほどいいね」と入っているんですけど、私はその歌詞が響いたというか、自分は物事に対して簡単な方に、甘えがちになってしまうんですけど、そうではなく、難しい方を頑張ってやっていくと決断しようと心掛けているので、自分自身にも響く曲になりました。

モモコグミカンパニー:世の中は複雑なことが多いし、生きていたら面倒くさいこともたくさんあるけど、それも楽しんでいこうみたいな前向きな曲になったと思っていて、今の時代で前向きになれるいい曲だなと思います。それと、ラップ調の部分もあってライブでやるのが楽しみです。

アユニ・D:主題歌って私たちにとっても、アニメにとっても、すごく大切な部分だと思うんです。ゴジラを知らない人でもゴジラのテーマ曲は知っているじゃないですか。あれを超えるくらい(「in case...」が)広まったらいいなと思っています。それくらい格好良い曲なので。

ハシヤスメ:レコーディングは全員めちゃくちゃ気合が入っていました。私自身も幼少期からゴジラには触れていましたし、(テーマ曲は)大人になってもずっと耳に残るメロディーだったり、モスラの曲もそうですが、ずっと忘れられない曲だし。

私たちがこの「in case...」という曲を出した後、何十年先もこの曲を忘れられないと思ってくれる人もいるんだろうなって思ったら、作品を作っている段階ですごくわくわくしました。そうなったらいいなと思いながらレコーディングをしていた記憶があります。

セントチヒロ・チッチ:この作品は個性的、印象的なキャラクターが多いイメージがあって、BiSHは6人の色が全然違うし、声も違って。だから、この一曲の中でBiSHのオリジナリティーなども表現しながら、先が見えない未来みたいなものを覆していければいいなと思っています。BiSHはずっとそうやって何かに打ち勝ってきたので、この先もこの作品と一緒に戦いたいなという気持ちがあります。

――ハシヤスメさんはドラマ「ボクとツチノ娘の1ケ月」で和田雅成さんと共に主演を務めました。少し振り返っていただけますか?

ハシヤスメ:初主演ということですごく緊張して、ずっと前から台本を頭に入れて、撮影当日は1話から4話まで完全に頭に入れて現場に行きました。ボク役の和田さんとは、顔を合わして二回目くらいで撮影が始まってしまったので、心配だったんです。でも、初対面の時点で投げたボールを全部受け取ってくれる、心広くて優しい方だったので、撮影の当日もいい感じに、漫才のようなテンポで撮影が進んだのでやりやすかったですし、これが初主演ドラマで良かったなと思いました。

アユニ:ハシヤスメの良さが出ているなと思いました。元気なところとか明るいところ。このドラマを企画してくださったのが、BiSHのマネージャーを長くやってくださっていた方なので、そういうすてきなご縁もあり、ハシヤスメのこともよく知っているので、すごく良さがにじみ出ているなと思いました。“ツチノ娘”のLINEスタンプができたんですが、LINEスタンプ界で一番高価なんです。それを(ハシヤスメが)メンバー全員にプレゼントしてくれました(笑)。

モモコ:BiSHが主題歌を担当させていただきました。今回の楽曲「STAR」はアユニが作詞しているのですが、“ツチノ娘”がどんな話になるのか想像して歌詞を書いたりして、歌詞もエモい主題歌になってドラマにピッタリなので、担当できて良かったなって思いました。あっちゃん(ハシヤスメ)が今後もっともっと羽ばたけるような作品になったらいいなと思います。

ハシヤスメ:BiSHが主題歌ということで、私一人だけじゃないなって思いました。一人だけど主題歌を担当してくれたことで、頑張れって背中を押してくれているような、みんなで作ったような気持ちがあります。

チッチ:(ドラマは)見させられました(笑)。TVerで見せてくれて、印象的だったのがスルメを食べる音が生々しくて、くせになるので(笑)。ツチノ娘の大好物がスルメらしいんですよ。そのスルメ音を楽しみに見てほしいです(笑)。

チッチ:普段のハシヤスメってあまり伝わらないんですよ。本当は面白いのにそこが伝わらないなぁと思っていたので、それがこのツチノ娘を演じたことで、こういう部分があるんだなと思ってもらえるというか、ツチノ娘だけどハシヤスメっぽいなと私は思いました。このドラマでハシヤスメ・アツコを感じてもらえたらうれしいです。

リンリン:まだ(ハシヤスメの)演技を長時間見たことがないんですが、昼ドラとか合いそうだなと思っています。極度に面白いとか、極度にサイコパスとか、そういうのが似合いそうだなと思いました。

アイナ:ビックリしました。ガチドラマかと思ったら笑い声とか入っていて、“ハシヤスメ劇場”が地上波で繰り広げられている感じで。親近感があって見やすかったです。等身大な感じで無理してなくて、見ていて楽しかったというか、さすがだなというのがありました。

――今後のハシヤスメさんに期待することは?

アイナ:M-1かな、やっぱり。うーん…M-1かな(笑)。

モモコ:メガネという、女優としては重荷かもしれないものを背負ったまま、彼女がどこまでいけるのか、ですね。

――では、最後に「ゴジラ S.P<シンギュラポイント>」の見どころ、読者へのメッセージをお願いします。

アイナ:普段からアニメを見ていない人も見入っちゃうというか、不思議な魅力がある作品なので、ぜひ見てほしいです。

リンリン:私が「in case...」を聞いたときの頭に過ぎった色合いと、このアニメの景色に出てくるネオンっぽい明るいピンクや赤がマッチしていたので、曲も一緒に楽しんで聞いてもらえたらうれしいです。

モモコ:アニメを見たことがないBiSHのファンの人にも見ていただいて、どのキャラクターが好きとかいつか会えたときに話したいし、Twitterでつぶやいてくれたら見たいですね。それと、ゴジラファンの方にも「in case...」を聞いた後、よかったらBiSHの他の曲を聞いてほしいなと思います。

アユニ:いろんな世代の方に愛されてきたゴジラという作品に携われてすごくうれしいし、私たちもそれを背負えるくらい覚悟を持って今回の主題歌に挑戦したので、ぜひ私たちの歌も愛してもらえたらいいなと思います。

ハシヤスメ:いろんな世代に愛されているこのゴジラの作品に携われて光栄だなって思います。「in case...」もいろんな世代の方に愛されたいなという気持ちがあります。週イチのお楽しみになると思いますが、私も毎週見ようと思っているので、ぜひ一緒に毎週見ましょう。

チッチ:「ゴジラを見てないから見づらい」とか思う人がいるかもしれないですけど、この「ゴジラ S.P<シンギュラポイント>」は今の時代に動き出したオリジナルストーリーであり、今まであったゴジラのストーリーをオマージュしています。あまり構えずに、ゴジラというものを楽しんで見てもらいたいです。

この作品はたくさんの人が思いを結集して作り上げた最高傑作だと思うので、BiSHの曲もその最高傑作に力添えできるようなめっちゃ格好良い曲になっているので、一緒に愛して楽しみに見てもらえたらうれしいです。