4月3日(土)放送の「あなたの代わりに見てきます! リア突WEST」(深夜0:35-1:05、ABCテレビ)では、濱田崇裕と小瀧望がペアを組み、「『深海のゴジラをブチあげる浪速ギャルハンター』にリア突」と題し、世界中を飛び回り“怪魚ハンター”として名を上げている女性釣りYouTuber・マルコスと共に怪魚釣りに挑戦する。

同番組は、ジャニーズWESTメンバーがペアを組んで日本全国のさまざまな“理解不能”な人や場所、通称「リア突案件」を突撃取材。ネットにも載っていない新事実を解明する「体当たりドキュメントバラエティー」。

■濱田と小瀧が怪魚釣りに挑戦!

釣りを趣味とする濱田は、スタジオでVTRを見る前から「これ見るの楽しみやったんよなー!」と心躍らせていたほど、このロケを楽しんだ様子。

同番組に2度目の登場となるマルコスは、前回そのハイテンションなキャラがジャニーズWESTの面々に大ハマリして鮮烈な印象を残しており、VTRで初めてロケの内容を知るメンバーは、オープニングで今回のリア突相手がマルコスだと分かると「出た!マルコスや!」と全員大喜びする。

今回のターゲットとなる怪魚は幻のサメ「ゴジラザメ」。港からスタートしたロケは、釣り針を落とす場所まで船で移動すること1時間半。「1時間半、この船はツラいんちゃう?」(藤井流星)とメンバーが心配そうに見守る中、ようやくスポットへ到着。

極寒の中、深海400mまで針を沈めて魚がかかるのを待つが動きがなく、無言の時間が続く。あまりに動きがないため、おしゃべりに花を咲かせる3人。空気を変えるべくゲームで盛り上げて時間を進めようとするが、それでも一向にゴジラザメが針にかからない。

そのうちVTRの撮れ高が不安になってきた小瀧は、「バラエティじゃなくドキュメントにすればいい」と言い出す。「ナレーションが思いつかない」と渋るスタッフに、「それはオレ、引き出しあるから」と自信たっぷりの小瀧。海をバックにして勝手にドキュメンタリー的なアングルに収まり、自ら即興でナレーションをつけ始める。

実はこのロケは、前回のスタジオ収録当日に早朝から行っており、大好きな釣りロケでほぼ100%のパワーを使い切ってしまった濱田は、その後のスタジオ収録ではあまりしゃべることができなかった。それを反省し、収録後メンバーのグループメールに「今日の収録、使い物にならなくてごめん」と送っていたことを重岡が暴露する。

※濱田崇裕の「濱」は正しくは異体字表記