4月1日に放送された「VS魂」(フジテレビ系)に、4月5日(月)スタートのドラマ「イチケイのカラス」(毎週月曜夜9:00-9:54、フジテレビ系)に出演する飯尾和樹(ずん)、勝村政信、黒木華、桜井ユキ、竹野内豊、水谷果穂がゲスト出演。助っ人“プラス魂”の和牛(川西賢志郎、水田信二)を加えた魂チームと対戦した。

オープニングトークでは、藤井流星(ジャニーズWEST)が(King & Prince)の岸優太とのエピソードを紹介。佐藤勝利(Sexy Zone)と同時期にフィルムカメラを始めた藤井は、楽屋のドアの隙間から盗撮よろしく岸を撮影するというボケを仕掛けたが、岸から「『いや、なんスか!?』みたいなん返ってくるかと思ったら『ありがとうございます!』だけ言われて」ツッコミもなく終わったという。

岸は「それはそうですよ。そんな、先輩に撮ってもらえるなんて、めったにないことだから」と当然という様子で、「急に撮られて、盗撮みたいな感覚になんないの?」と佐藤に尋ねられても、「いや慣れてるじゃないですか、だって僕たちそんなの」と真顔で即答。「撮られ慣れてるもんね。なんならいろんなね、記者に狙われてるもんね」という相葉雅紀からのフォローにも、「本当ですよ。だから『流星くん、撮ってくれてありがとうございます!』ですよ」と真面目一徹な答えを返す岸を、相葉は「100点よ。人として100点!」と感心した様子で称賛した。

過ぎるほどの真面目さと素直さを併せ持つだけに、ダウトとスゴロクを掛け合わせたゲーム“DAMASHI魂”ではほぼ戦力外と認識されている岸。今回も、うその数字を申告しなければならなくなった際はあからさまに挙動不審で、黒木からの追究に「…2じゃない、かも、分かんないです」と岸はほぼ自白。さらに、天然が飛び出す相葉と、風間俊介が「すごい素直な人で、顔に出る人です」と太鼓判を押す黒木も参戦しているため、竹野内の一人勝ちになるとスタジオは予想していた。

ところが、引きの強さで窮地を逃れていた竹野内が、初めてうその数字を申告せねばならなくなるや、「…ハイ。あ、(出目を)言うんですよね」とルールを確認し、「え〜…、4」と目を泳がせる始末。相葉にあっさりとうそを見破られて落ち込む竹野内に、スタジオで観戦していた風間らは「竹野内さんの見たことない顔、見られましたね(笑)」「めっちゃかわいいやん!」「うそがつけない人だぁ!」と沸きに沸いた。

次回の「VS魂」は4月8日(木)夜7:00より放送。ドラマ「レンアイ漫画家」(毎週木曜夜10:00-10:54、フジテレビ系※初回15分拡大)で共演している木南晴夏、小西桜子、鈴木亮平、眞栄田郷敦、吉岡里帆、竜星涼が出演し、助っ人の大久保佳代子(オアシズ)、吉村崇(平成ノブシコブシ)を加えた魂チームと対戦する。